ガールグループ「STAYC」…音楽番組3冠に、新曲のポイントダンスが話題


ガールグループ「STAYC」が独歩的なティーンフレッシュ」で話題性を持ち、K-POP人気街道を進んでいる。

「STAYC」は今週放送されたSBS MTV 「THE SHOW」、MBS M「SHOW Champion」、Mnet 「M カウントダウン」で1st ミニアルバムのタイトル曲「STEREOTYPE」で1位になり、3冠王を達成した。去る17日に放送されたKBS「MUSIC BANK」でも、デビュー後初めて地上波音楽番組の1位候補になり、人気グループらしい勢いを認証した。

「STAYC」は、「STEREOTYPE」の活動を通じ彼女たちだけの独歩的なハイティーンと優雅な魅力で、「4世代代表グループ」の姿を惜しみなく見せている。中毒性の強いメロディーの上に広がる6人のメンバーのパフォーマンスは、国内外のファンの心を一度に魅了した。

特にまつ毛と眼鏡を形象化したポイントダンス「アティンチュム」は、前作のポイントダンス「クックギチュム」の後を追って話題性を掴むのに成功し、人気アイドルを意味を持つ「デセドル」の存在感を見せた。

これを証明するように多数の芸能人と有名インフルエンサーたちが、続くように「STEREOTYPE」チャレンジを行っている。「SUPER JUNIOR」のヒチョルは個人SNSを通じチャレンジ映像を公開し、「ちなみにぼくはSTAYCとは一度も会った事は無い」というハッシュタグをつけて笑いを誘った。タレントのユ・ジェソクとチョ・セホも「STEREOTYPE」チャレンジに合流し、「STAYC」との出会いを期待させた。

「STAYC」もまた、グローバルショートフォーム「TikTok」を通じて先輩・後輩アーティストと一緒にチャレンジ映像を公開し、トレンドを主導している。タレントのキム・シニョン、歌手チョン・ヒョソンとのチャレンジ映像は愉快なシナジーと一緒に行い、熱い呼応を得ている。また「Red Velvet」のメンバースルギやウェンディとのチャレンジ映像では、心温まる先輩・後輩ケミストリーは勿論、愛らしい魅力を加え注目を集めた。

一方「STAYC」の1stミニアルバム「STEREOTYPE」と、タイトル曲「STEREOTYPE」はアルバム及び音源チャートでもその成長性を見せている。発売直後にBugsリアルタイムチャートの1位になるのと同時に、初動販売量は11万4203枚を記録し、歴代ガールグループアルバム初動順位8位になった。

このようにカムバック後、意味のある記録を連続して積み重ね、強力な火力を見せている「STAYC」は、音楽番組出演及び多様なコンテンツを通じ、成長と続ける予定だ。

WOW!Korea提供

2021.09.18

blank