ソン・シギョンの“ワクチンを疑うことは悪くない”という言葉に、専門家は“最善ではない次善”

 

こんなソン・シギョンの発言が話題を集め、新型コロナ諮問教授団のチョン・ジェフン教授は3日、自身のフェイスブックに「ソン・シギョンさんが個人放送での発言が記事になり、その内容をじっくり考えてみた。そして、関連業界の者として必ずしなければならない話がいくつかあって、本当に個人的な意見を話す」という言葉で始まる長文を掲載した。

チョン教授は「ソン・シギョンさんの話は、『ワクチンの効果と副作用について疑問を持つこともあり、その方に十分な説明を差し上げることが重要だ」という趣旨だ。本人も接種を計画していらっしゃるし、全体の接種が重要だという認識も持っている。ワクチンの効果と安全性のために仕事をする私にも十分に共感できて、必ず心に刻まなければならない部分だ」とした。
続いて「今、韓国の防疫成果は、一部の犠牲に基づいており、2021年のワクチン需給と安全性の問題に対して政府の対応が不足している部分もある。しかし、私は当然していい話がもたらすかもしれない波紋が少し心配でもある」との懸念を示した。

それと共にチョン教授は「ワクチン接種は、我が国では個人の選択になっている。しかし、社会的雰囲気と専門家の勧告がワクチン接種を勧める方向に向かっている」として「私はワクチン接種が最善ではないが次善にはなると思う。100%安全ではないが、異常反応の発生の可能性は極めて低い。ワクチン接種が100%新型コロナを防ぐことはできないが、ほとんどの死亡を防いでくれる。世界の多くの科学者がワクチン接種の効果と安全性を評価しており、それでもどのワクチンよりも情報が透明に提供され公開されている。少なくとも成人人口のワクチン接種で得られる利益は、新型コロナによる被害よりもすべての年齢層において大きい」と説明した。


また、彼は「ソン・シギョンさんが言ったように接種が不安な方により多くの情報を詳しく透明で分かりやすく伝え、予期しない副作用が出ても、これを致命的な被害につながらないよに制度を整備し、被害においては原因を究明していただくことが私たち感染症とワクチンを扱う専門家の役割だ。しかし、現場で患者を救うために努力する医療従事者ほどに、我々デスクで働く人々もあまりにも大きな危機と科学の限界と戦っている」と打ち明けた。
最後にチョン教授はソン・シギョンの発言について、「当然で考慮すべき話が、ある方には根拠となり、ある方には議論の種になることもある」としながらも、「それでも、このような話をしていただき、非常に感謝している」と言葉を結んだ。

2021.09.07

blank