歌手ソン・シギョン、新型コロナワクチン接種に対する率直な意見…“疑うことは悪いことではない”

歌手ソン・シギョンの新型コロナウイルスのワクチン接種に関する発言が話題になっている。

1日、ソン・シギョンは自身のYouTubeチャンネルの生放送を通じて、ワクチン接種に関する自身の考えを打ち明けた。ソン・シギョンは、ファンの一人が「ワクチンいつ打つのか?」と質問すると「9月末に予定している」と述べながらも「すべてに犠牲を強いるのはよくないと思う」と口を開いた。

「全国民の安全のために“みんなで一つ行動しよう”というのが非常に大きな主流意見だ。だが、意見をよく聞く国民になるのはそれほど望ましいことではない」とし、「ワクチンはどうやって作られたもので、どのような副反応とどのような効果があるのか。見せてくれた通りにそのまま信じるのではなく、もっと疑って、不安に思って、悩むことは決して悪いことではないと思う」と主張した。さらに、「最近そういうことを悪いものだとして、追いやろうという雰囲気があるようだ。どうして反感が起きるのかということを皆で一緒に話できる雰囲気にならなければいけない」と話した。


また、「確率の問題ではない。 数字の問題ではなく、死なないですむかもしれない病気のために死ぬこともあるワクチンを打つということが理解できない人がかなりいる」とし、「2021年ではないか。自由民主主義国家だ。私の命であり、 あなたの命だけでなく、みんなのために何か受け入れなければならないということが、非常に危険になりうる質問だ」と自分の考えを明らかにした。

そして、「ワクチンを打つ、打たない、そういう言葉ではなく、絶えず質問をして不満を持った人たちをあまり憎むことないようにしようという意味だ。 彼らもそのように発言するに値する権利があるから」と付け加えた。

ソン・シギョンの発言でオンラインコミュニティでは議論が続いている。

 

2021.09.03

blank