≪韓国ドラマOST≫「哲仁王后」、ベスト名曲 「心が星になって」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)


<「哲仁王后」OST、今日の1曲>
※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回から「哲仁王后」のOST紹介をお届けする。本ドラマでは、「愛の不時着」で知名度を上げたキム・ジョンヒョンと、「黄金の私の人生」で高視聴率を記録したシン・ヘソンがだっぐを組んだ、コメディー時代劇。珍しいジャンルのドラマとして注目されて、高視聴率をたたき出した。
ある一人の男性がタイムスリップし、朝鮮時代の王妃の体に入ってしまうところからストーリーが始まる。

今日の1曲はチャン・ハンビョルが歌う「心が星になって」だ。これは哲宗の目線で王妃へお想いが歌詞にされている1曲。穏やかなバラード曲になっている。

<歌詞の解説>

「雲に隠れて 見えない 曇った月のように 目を見ても全然わからない か弱いあなたの心 見つめていた空に 暗闇が押し寄せて 美しいあなたの顔も 濡れてしまう瞬間に」歌詞の最初では、ソヨンの気持ちがわからず戸惑う哲宗の想いが表現されている。

※サビ「この目に宿った 輝く星が この胸にも落ちてきた 本当に苦しかった むなしく壊れてしまったこの心さえも 抱きしめてあげたい 目に刻まれた悲しみに変わりに 私を刻んであげたい 振り向いてほしい どうか」サビの歌詞では、ソヨンへの愛情にあふれた内容になっている。

「毎日会っていても 見えなかった心が 星になって 私を照らしても 刻めないかと怖いんだ 情けない自分 見つめていた空に 暗闇が押し寄せて 美しいあなたの顔も 濡れてしまう瞬間に」チャン・ハンビョルの優しく透き通るような歌声が印象的だ。

※サビのリピート 曲が盛り上がり、ドラマの内容が思い出される。

「あなたの目に宿った か弱いその心が 傷つかないように僕が守りたい 一人残されたような世の中で あなたの後ろで きっとあなたを見つける 暖かい今日のように あなたを」最後のサビではメロディーラインが変わり、新鮮な雰囲気になって終わっていく。

歌手チャン・ハンビョル(本名:ジェイソン・ハンビョル・チャン)は、1990年生まれ。オーストラリア育ちの韓国系オーストラリア人。2011年に「Led apple」のメンバーとして韓国でデビューしている。
「私は道で芸能人を拾った」で最近もOSTを担当している。優しく綺麗にのびる高音ボイスが特徴。

Youtube動画:「哲仁王后」OST

<ネットユーザーの反応>

「このドラマの哲宗に惚れた」
「シン・ヘソンの演技が面白すぎた」
「OSTがいい曲だった」
「チャン・ハンビョルの声が優しい」
「歌詞が優しくて包まれる」

「哲仁王后」では、キム・ジョンヒョンとシン・ヘソンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

2021.08.04

blank