“39歳年下恋人への中絶強要浮上”俳優キム・ヨンゴン、息子ハ・ジョンウから勧められた映画は?…過去エピソードが再注目


俳優のキム・ヨンゴン(75)が13年間恋人関係であった39歳年下のA氏に、妊娠中絶を強要した疑いで訴えられた事実が明らかになった中、過去の番組での発言が再び話題となっている。

キム・ヨンゴンは2016年にMBCのバラエティ番組「私は一人で暮らす」で、友達以上恋人未満の女性の存在がいるかどうかを尋ねられると慌てながら、「まったくいないわけではないが」と述べた。これから恋愛に発展しそうなことについては「ちょっと好奇心で恋愛をするのであって、真剣になっているわけではない」と述べたりもした。

それとともに「私はいつも心を開いている」と強調した。

俳優で息子のハ・ジョンウが2015年8月に「私は一人で暮らす」で彼に勧めた映画も再び注目を集めた。

当時のオンエアでハ・ジョンウは父親のキム・ヨンゴンに「『鑑定士と顔のない依頼人』という映画をご覧になったら面白いと思う」とし、「70歳を超えたおじさんと20代女性が恋をする話」だと述べた。

また、キム・ヨンゴンは昨年MBNのバラエティ番組「私たちまた愛せるだろうか3」にも17歳年下の女優ファン・シネと仮想カップルとして出演し、真剣な姿を見せた。

彼はファン・シネとデートを続けながら好感を示すなど、実際の恋人のような雰囲気で話題を呼んだ。

しかし2日、キム・ヨンゴンが妊娠中絶未遂強要罪でA氏から訴えられた事実が明らかになり、「私たちまた愛せるだろうか3」に出演したことが適切だったのかについての指摘が相次いでいる。

キム・ヨンゴンは提訴された事実と関連し、A氏に出産を支援し責任を負うという意思を持続的に伝えてきており、これにより今回の事件が法的紛争に繋がることもまったっく予想できなかったと明かした。

(2ページに続く)

2021.08.02

blank