チャン・グンソク、作詞作曲に参加した新曲「雨恋」が日本チャート占領…冷めない人気証明

俳優兼歌手チャン・グンソクが、自ら作詞作曲した新曲で日本の音源チャートを占領して人気を証明した。
チャン・グンソクは、自身の34歳の誕生日を迎えた8月4日(水)に「雨恋」を発売する。「雨恋」は、先月28日に先行ストリーミングされた後、日本のLINE MUSICのリアルタイムチャートとデイリーチャートで共に1位を収め、「アジアプリンス」チャン・グンソクの底力を示した。


チャン・グンソクは3月と5月にそれぞれリリースされたデジタルシングル「Star」と「Emotion」発売後にもチャートを席巻するなど、着実にチャートの上位に留まってアーティストとしての位置を強固にしている。
特に「雨恋」は、チャン・グンソクが自ら作詞作曲に参加した曲で、80年代末〜90年代初めを風靡したシティポップの魅力を完全に表現してさらに注目されている。先月公開された「雨恋」のジャケット写真とティーザー映像には、雨の風景の中でネオンサインがいっぱいの幻想的な夜道を収め、VHSビデオを見るような効果で曲のレトロな雰囲気を精一杯引き上げた。

(2ページに続く)

2021.08.02

blank