「BTS(防弾少年団)」V、「Butter」ビハインド公開… “ジョニー・デップを見て研究”


「BTS(防弾少年団)」Vがアーティストとしての深い話を話し、成熟した姿で、グローバルファンをひきつけた。

29日、Vの「Butter」発表のインタビューがファンコミュニティWeverseマガジンに掲載された。

Vは「Butter」にインスピレーションを与えたアーティストにビリー・ジョエルを挙げた「Butterのミュージックビデオや舞台をするときティーン映画をたくさん見たし、ミュージカルも見た。『クライ・ベイビー』でジョニー・デップのイメージがとても強烈で、『Butter』で生かした」と答えた。

米国「ビルボード」と英国の「NME」もビリー・ジョエルとジョニー・デップからインスピレーションを得たVの多彩な演技とビジュアルについての詳細を掲載し、大きな関心を見せた。

Vは、「コンセプトが一つあれば、そこに合わせてボーカルを作る。声を変えるよりも、発声だけ変えれば大丈夫で、大きく難しい点はない。低音を多く使って、流れる感じで歌うスタイルなので高音の練習をたくさんした。『Butter』も高音だが合わせた」と説明した。

また、「瞬間の感情を忘れないようにメモをするが、作業したい欲が起こったときは作業室に走っていく」とし、「『Snow Flower』もまさに作業室で3時間で書いた」と明らかにし、驚きをもたらした。

続いて「ビルボードで1位の『BTS(防弾少年団)』ではなく、舞台の下では、ARMYの相棒であり、仲良しであり、友達になりたい。失いたくない友人、本当にそばにいると力強い友達、だから、この人達を笑わせるため、喜んでくれるために何か行動をするしかない」とファンへの愛を表わした。

ファンに伝えたい感情については「分からない。ただ、良いことはシェアしたくて、悪いことは僕がすべて抱きしめたい。そうして素敵なものを一つ完成させたい気持ちです」と答え、深い余韻を残した。

「そのようなアーティストにどのぐらい近づけているか」と聞くと、「2%。時間が経てば、いつかは上がると思う」と謙虚さも失わなかった。

インタビュー公開後、Vの本名「Kim Taehyung」は、Twitterのワールドワイドトップトレンドを飾り、話題になった。

WOW!Korea提供

2021.07.31

blank