カン・ヘウォン(元IZ*ONE)、歌手パク・ジェジョンのMVで初演技に挑戦


グループ「IZ*ONE」出身のカン・ヘウォンが、歌手パク・ジェジョンの新曲ミュージックビデオに出演し話題となっている。

デビュー後初めて他の歌手のミュージックビデオに出演したカン・ヘウォンは、特有の愛らしい魅力とともに繊細な感情の演技を披露し強烈な印象を残した。

最近MBCのバラエティー番組「遊ぶなら何する?」でのプロジェクトグループ「msg WANNABE」のメンバーとして活躍したパク・ジェジョンが、27日新曲「趣味」のミュージックビデオを公開した

今回のミュージックビデオで俳優のイ・ドンフィと人生初の演技で呼吸を合わせたカン・ヘウォンは、おぼろげな初恋のイメージを完璧に表現し注目を集めた。

まず、今回のミュージックビデオでカン・ヘウォンの恥じらった視線と純粋な表情は、初恋の初々しいときめきの感情をそのままに伝え、視線を離すことができなくした。涙を浮かべた顔でカメラを見つめる場面では、カン・ヘウォンの繊細で多彩な感情の演技が目立った。初めてだということが信じられないほど、刻々と変わっていく表情と多様な感情を盛り込んだ目つきの変化は、パク・ジェジョンのハニーボイスと相まって、目と耳をともに満足させた。

さらに、イ・ドンフィとのコンビネーションも光っていた。16年前の初恋を思い出すイ・ドンフィと、その時の初恋相手を演じたカン・ヘウォンのツーショットは、心臓をときめかせるのと同時にはかない雰囲気をかもし出し、見る人の感性を刺激した。

カン・ヘウォンは「他のアーティストのミュージックビデオに出演するのは初めてだったのでとても緊張していたが、撮影監督や他のスタッフの方々、パク・ジェジョンさん、イ・ドンフィさんがとても気遣ってくれたので、リラックスして楽しくできたと思う」とし、「パク・ジェジョンさんが、私が撮影をする時ずっとモニタリングも一緒にしてくれて、本当に感謝している。監督もとてもきれいに撮ってくれて、初のミュージックビデオ撮影として長く思い出に残りそうだ」と感想を伝えた。

WOW!Korea提供

2021.07.28

blank