Stray Kids、2021上半期ソーシャル指標上昇アーティスト1位…世界的な成長を証明

ボーイズグループStray Kidsが、世界的に急速に成長していることを証明した。
最近のチャートが発表した「ハント(HANTEO)グローバルK-POPレポート」によると、Stray Kidsは、今年上半期最高のソーシャル指標上昇を記録したデビュー4年以下のアーティストの1位に選ばれた。インスタグラムだけでなんと334万人以上のフォロワー増加を示し、26日午後基準で1470万人のフォロワー数を保有した。彼らは、インスタグラムをはじめとする各種SNSチャネルを通じて舞台の外での自然な日常を共有し、国内外のファンと親密にコミュニケーションしている。


またStray Kidsは、全世界119地域のファンがアルバムを購入して認証した数値を基にしたハントチャートの2021年上半期のグローバル指標順位でも7位を記録した。今年上半期に実物音盤を発売していないにも関わらず上位にランクして、世界規模のファン層の成長と根強い人気を証明した。
6日(現地時間)には、6月26日に発売したデジタルシングル「Mixtape : OH」で、米国ビルボード「ワールドデジタルソングセールスチャート」のトップを獲得して旬のK-POPスターとしての歩みを見せた。


Stray Kidsは22日、公式SNSチャンネルに2ndフルアルバム「NOEASY」のトレーラー映像を掲載して約11ヶ月ぶりの歌謡界カムバックを予告した。これに先立ち、メンバーがチームに分かれて直接曲を制作する過程を描いた独自のコンテンツ「[SKZ SONG CAMP] Howl in Harmony」(以下、「SKZ SONG CAMP」)を公開して多彩な魅力を提供している。「SKZ SONG CAMP」は、デビュー以来アルバムにられらが作詞と作曲をした曲を収録するなど独自のプロデューシング力をアピールしてStray Kidsならではのコンテンツでファンを楽しませている。

2021.07.27

blank