映画「パラサイト」出演の女優チョン・ジソ、新作「謗法」でさらなる成長を見せる


「『パラサイト 半地下の家族』(以下「パラサイト』)出演前に女優をやめようと思ったこともあるんです。

『パラサイト』が新たな一歩になったんですよ。また演技ができるよう後押ししてくれたんです。『謗法』は『パラサイト』で踏み出した第一歩から続けて歩いていけるよう、さらに成長できるよう後押ししてくれた作品です」。

2019年、ポン・ジュノ監督「パラサイト」の「タヘ」役で映画界の注目を集めた韓国の女優チョン・ジソはそう話す。去年3月に放送終了したtvNのドラマ「謗法」の世界観をスクリーンに移植した「謗法:在此矣」でのスクリーン再登場をひかえた27日、チョン・ジソはオンライン・インタビューで「ネットで名前を検索すると、『パラサイト』関連の写真や記事がたくさん出てくる。『パラサイト』のタヘとしてしか認識されていないのかな、と思った。『謗法』の『ソジン』役は個性が強いキャラクターなので、全然ちがう一面をお見せすることができると思う」と話した。

「謗法:在此矣」はよみがえった死体「在此矣」による連続殺人事件を防ぐために謎を解いていくストーリー。ドラマ「謗法」から3年後の世界を描く。「謗法」とは、名前の漢字と写真、所持品から人を死に至らしめる呪いの能力を、「在此矣」は韓国の説話にある妖怪の一種で、よみがえった死体を意味する。

チョン・ジソは、「ムーダン」(シャーマン)の娘として生まれ、人を死に至らしめる呪いの能力を持つ「謗法士」ペク・ソジン役を演じる。3年前に自身の体に悪鬼を閉じ込めた後で行方不明になっていたが、「在此矣」による連続殺人を防ぐために危機に陥った「イム・ジニ」の前に再び現れる。チョン・ジソは新聞社を辞めて独立ニュースチャンネル「都市探偵」を運営する元社会部記者イム・ジニを演じた俳優のオム・ジウォンとのからみはもちろん、圧倒的な存在感と力強いアクションで、さらに成長した姿を見せるなど、より一層の活躍を期待させる。

チョン・ジソは「ドラマ版ではソジンはまだ未熟だった。時間が経過したことを表現するために、能力をうまく使いこなす姿を演じようと努力した。大人っぽく見えるよう、体重管理もした。ドラマ版『謗法』の時は三食全部食べていたが、映画ではダークでかつすらりとした雰囲気を出したかった。だから、食事メニューを厳しく調整した。少なく食べてアクションの練習はたくさんやったら、体重は自然に落ちていった」と、キャラクターを演じるためにの努力を明かした。

(2ページに続く)

2021.07.27

blank