著作権長者のプロデューサー新沙洞の虎(シンサドンホレンイ)、予想外な“親思い”の楽曲は?…「ビデオスター」出演へ


著作権長者の音楽プロデューサー「新沙洞の虎(シンサドンホレンイ)」が意外な“親孝行曲”を挙げる。

27日に韓国で放送されるMBC Every1のバラエティ番組「ビデオスター」にはラッパーのGaeko、作曲家の新沙洞の虎、現代舞踊家のアン・ウンミ、タレントのキム・ソヨンが出演する。

多数のヒット曲を作り自他ともに認める“著作権長者”として知られている新沙洞の虎は同日、予想外な親孝行の楽曲を挙げ注目を浴びた。新沙洞の虎はオリジナルの歌手が歌唱してヒットすること以外にも、選挙ソングとして活用される楽曲が意外に収益が高いとハイクラスな情報を打ち明けたという。しかし選挙を目標に楽曲を作ったら失敗すると伝え、撮影現場を笑いの渦に巻き込んだ。

一方、新沙洞の虎は現在は彼のシグネチャーとして定着した独特な芸名のために、仕方なく本名を隠さなければならなかった瞬間を公開したりもした。これと関連し、また別の強烈な芸名で有名なGaekoも芸名のために起こった笑えないエピソードも公開し、新沙洞の虎と共感の輪を形成したという。

また同日の収録には、新沙洞の虎が制作し話題となった新人ガールズグループ「TRI.BE」(ソンソン、ケリー、ジナ、ヒョンビン、ジア、ソウン、ミレ)がともに出演し、彼への暴露を続けた。新人の意気込みで一丸となった「TRI.BE」のオープンな暴露に、新沙洞の虎は時ならぬ“人間性問題”に巻き込まれる予定。また「TRI.BE」は新沙洞の虎のヒット曲メドレーで、激辛唐辛子ではない“清涼唐辛子”味のステージを披露したりもした。

一方、新沙洞の虎の多様な活躍ぶりは7月27日夜8時30分からMBC Every1「ビデオスター」で見ることができる。

WOW!Korea提供

2021.07.26

blank