”パク・ソジュンをつかめ!”…日本をはじめ海外映画・ドラマ・広告出演のオファー殺到

俳優パク・ソジュンに対する日本での愛がますます熱くなっている。
パク・ソジュンが出演したドラマが日本で大ヒットを続けて韓流スターとしてのパワーを示している。
最近、アマゾンサイトの韓国ドラマDVDの販売リアルタイムランキング20位以内にパク・ソジュンが出演したドラマがなんと5編もランクインしている。今日7月8日基準でドラマ「花郎」が1、2位を占め、「魔女の恋愛」「彼女はキレイだった」「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」「キム秘書はいったい、なぜ?」の5編がランクしている。1時間ごとに更新される販売チャートにパク・ソジュンの主演作5編が最近ずっとチャート上位に留まっているのは、韓国ドラマファンの関心の中心にパク・ソジュンがいることを端的に示している。


特に韓国ドラマ新作DVDの販売ランキング(2021年7月8日基準)では、「キム秘書はいったい、なぜ?」が1位から3位までをさらうという人気を見せた。これは、DVD市場が活性化されている日本で、性別を問わず強固なファン層を確保しているパク・ソジュンの人気を反映した結果とも見ることができる。Netflixをはじめとするオンラインビデオストリーミングサービス(OTT)市場でもその人気は証明されている。昨年、日本Netflixが発表した「2020総合TOP10」によると、「梨泰院クラス」が2位、「キム秘書はいったい、なぜ?」が9位を占め、パク・ソジュンのドラマに対する関心の高さを実感させた。昨年以降、さらに熱くなった日本ファンの関心が、今もさめることなく変わらない理由について現地関係者は「パク・ソジュンの健康で愉快な魅力が作品を通じて伝えられ、女性だけでなく男性ファン、そしてさまざまな世代へと性別を超えて愛されている」と口をそろえた。

(2ページに続く)

2021.07.08

blank