BTS、BTSを超える…「Butter」、米国ビルボード4週連続1位!”故坂本九さんの3週を越えアジア歌手としては最長記録”


無敵の「BTS」(防弾少年団)だ。

韓国の男性アイドルグループ「BTS」が新曲「Butter」で米国ビルボード メインシングルチャートであるHOT100に4週連続で1位を獲得した。

ビルボードは22日、公式Twitterを通じて「「BTS」の「Butter」が今週のHOT100で1位に輝いた」と 発表した。続けて「BTS」は「Dynamite」を超えて4週連続でHOT100に上がり記録を達成した。

また、9回目のHOT100での1位という大記録も達成した。「BTS」は現在まで 「Butter」(4回)、「Dynamite」(3回)、featurinで参加した「Savage Love」remix(1回)、韓国語の曲「Life Goes On」(1回)等全 9回のHOT100 での1位を記録した。

アジア最高記録も再び打ち立てた。日本人歌手の坂本九は1963年6月に発売した「SUKIYAKI」で HOT100での3週連続1位を獲得した。今回の「BTS」が「Butter」で4週連続1位を達成したことで坂本九を越えアジア歌手としてはHOT100最長記録となった。

HOT100はストリーミング 実績と音源販売量、ラジオ放送回数等を総合し毎週米国で最も人気のある歌 順位を集計するチャートだ。

ビルボード側は「HOT100での 1位に進入した曲はビルボードの歴史上54曲だけだ」とし「この中で 4週連続で1位を守る曲は「Butter」を含めても13曲しかない」と発表した。グループとしては1998年9月にロックバンドのエアロスミス以降初めてとなる。今年に入ってからは8週連続1位を記録したオリヴィア・ロドリゴの「drivers license」に続き2番目だ。

(2ページに続く)

2021.06.22

blank