ヨンジェ(GOT7)、「明日地球が滅びてしまえばいい」に出演、「初めてお見せする姿を楽しみにしてほしい」


「GOT7」のヨンジェが「明日地球が滅びてしまえばいい(原題)」を通じて、初めてNetflixでの演技に挑戦する意気込みと感想を語った。

16日午前、オンライン生中継で開かれたNetflixの新オリジナル「明日地球が滅びてしまえばいい」の制作発表会には、パク・セワン、シン・ヒョンスン、ヨンジェ(GOT7)、ハン・ヒョンミン、Joakim Soerensen(ヨアキム・ソレンセン)、Carson(カルソン)、 Terris Brown(テリス・ブラウン)、クォン・イクジュンPD、キム・ジョンシクPDが参席し、作品について語った。

来たる18日Netflixを通じて全世界に公開される「明日地球が滅びてしまえばいい」は、Netflixがオリジナルで制作する初のシットコム作品だ。今日も正解のない一日を過ごす国際寮の学生達の、愛と友情、笑いをおさめた甘くて苦い青春シットコムを描くと見られている。

ヨンジェは劇中、韓国系オーストラリア人の2年生、サム役を演じ、可愛い末っ子として活躍を繰り広げる予定だ。ヨンジェは「まずファンの皆さんにこんな姿をお見せすること自体が初めて。」とし、「皆さんが作品を通してヨンジェの新たな姿を知れるかもと思うと、嬉しく、良かったと思うし、感謝している。」と感想を述べた。

続いて「ステージに上がって気を使う部分が、演技する時とは違うものが多い。演技する時よりはステージに立つ時の方がすごく敏感になるタイプだ。」とし、「でも今回の撮影現場では、メンバーの方々、PDさんが最初からリラックスさせてくださり、幸せな気持ちで撮影した記憶しかない。キレのあるダンスに続くキレのある演技?頑張ったので、見守ってほしい。」と抱負を付け加え、笑いを誘った。

一方で「明日地球が滅びてしまえばいい」は来たる18日、Netflixで公開される。

WOW!Korea提供

2021.06.16

blank