「インタビュー②」CNBLUEジョン・ヨンファ、"チャン・ナラは学ぶ点が多いベテラン。カン・ホンソクは一生付き合える兄さん"「テバク不動産」

続いて「『どうしてこの先輩は良い作品だけ選ぶのか?』という思いがあった。ほんとうにお上手だ。今回もナラ姉さんがするというのでぜひ緒にしてみたいという思いだった。そして、子供の頃(チャン・ナラの)童顔の話をたくさん聞いて育ったが、実際に会ってみると不思議なほどだった。ドラマが終わって初めて一緒にご飯を食べたが、「姉さんは、どうしてそんなに童顔ですか?」と尋ねた。6ヶ月間また撮影しても、また聞くことになりそうだ」と伝えた。
ヨンファはホ室長役のカン・ホンソクに対する称賛も惜しまなかった。彼は「ホンソク兄さんは、一緒にしたシーンが面白いものが多かった。シナリオ通り、指示通りではなく、ふたりで新たに、よりおもしろく作っていった」と述べた。


先駆けてカン・ホンソクはインタビューを通じて「私はCNBLUEじゃないかと思った」とヨンファとのコンビについて語っている。ヨンファはカン・ホンソクとデュエットする考えがあるのかという問いに、「ホンソク兄さんが歌がとても上手だ。音楽的にも話がよく通じる。プロジェクトアルバムを出さないかと思うほど、とても上手だ。一緒にいるととても楽しい。CNBLUEでは私がリーダーだが、もしすることになればホンソク兄さんにリーダーを任せようかと思う」と答えて笑わせた。


続いて「芸能界にいながら芸能人の友人があまりない。気が楽な人を探すのが難しかった。何人もいないのに、ホンソク兄さんと6ヶ月程一緒にいながら、この人は本当に良い人で、私が大変なことがあるとき率直に話すことができるし、聞いてあげることができる人だと何度も思った。一生付き合って行くことができる兄さんに会ったようで、いろんな面で良い作品だったと思う」と話した。(「インタビュー②」に続く)

2021.06.15

blank