パク・ボヨン&ソ・イングク、切ない街灯の下でのツーショット「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

ケーブルチャンネルtvN「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」では、ドンギョン(パク・ボヨン)と滅亡(ソ・イングク)の切ない街灯の下でのツーショットのスチールが公開された。
「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」は7日、9話の放送を前に手を取り合ったドンギョンと滅亡のスチールを公開して注目を集めた。


前回の放送では、ドンギョンと滅亡のロマンスが始まってときめきを与えた。特に8話のエンディングで滅亡は「タク・ドンギョン、僕を好きになってもいい。僕は今、あなた以外、何も関係ないから。だから選んで。世界とあなたを」とドンギョンのために死まで覚悟した意志を見せて、今後のロマンスの行方に興味が集まっている状況だ。

(2ページに続く)

2021.06.07

blank