「バラコラ」「KINGDOM」で芽生えた「iKON」×「SF9」の友情に胸アツ!「イッツワン」ユニットメンバーがお互いを応援する姿が感動的!

本番のステージに向かう「SF9」は「iKONサランヘ(愛してる)」と叫び、ボーカルユニットのメンバーだったジェユンが「iKON!僕の魂の相棒」というと、チャニも「僕はiKONIC(iKONのファンの呼称)だよ」と「iKON」愛をアピールし合う場面も。

そして、「SF9」の本番ステージが始まると、「iKON」は楽屋でモニタリング。特に、BOBBYは同じラップユニットのメンバーだったフィヨンのシーンに反応し、フィヨンがソロパートなのに、照明で顔がよく見えないと、「フィヨンは顔を見せなきゃいけないのに」と残念がったかと思えば、エンディングの雨に打たれるシーンでは「ファヨンがイケメンなの見てよ。あんな顔で、体も良かったら、あれぐらいのことしなきゃね」とイケメンの弟分を自慢するかのように嬉しそうに話していた。

ちなみに、フィヨンに対しては、現在ドラマ「イミテーション」(KBS第2)で共演している「ATEEZ」ジョンホもスマホの画面に、フィヨンの本名を出して応援していたのもカメラにとらえられていた。

ともかく、「イッツワン」ユニットメンバーたちは第1ラウンドでは完敗だっただけに、第2ラウンドはグループ戦に戻ったが、痛みを共にしたことでより絆が生まれたのかもしれない。「THE BOYZ」が本番ステージに向かうときも、「イッツワン」のボーカルユニットメンバーだったサンヨンとニューに対し、ジェユンが「サンヨン、ニュー、ファイト!」とエールを送り、ダンスユニットメンバーだったジュヨンには、DKが「ジュヨンどうか」と祈るように声援を送る姿も。

だからこそ、「イッツワン」チームの「SF9」が第2ラウンドの中間結果で1位を獲得すると、「iKON」と「THE BOYZ」が自分たちのことのように喜び、その様子がカメラにとらえられていたのが印象的だった。

今回は特に、「iKON」と「SF9」の戦友のような友情にスポットが当てられていたが、この番組を通して、6組が新たな縁を築いており、今後どのような関係性が形成されていくのかを注目するのも面白そうだ。

WOW!Korea提供

2021.05.30

blank