俳優キム・ヨンデ、「学校2021」に出演確定…キム・ヨハンと共演


俳優キム・ヨンデがKBS 2TVの新しいドラマ「学校2021」に出演を確定した。

キム・ヨンデが「学校2021」に主演でキャスティングされた。 「学校」はチャン・ヒョク、ハ・ジウォン、イム・スジョン、チョ・インソン、キム・ウビンなど青春スターたちの登竜門として多くの愛を受けてきたKBSの代表学園物シリーズだ。「学校2021」は、キャスティング段階から多くの注目を受け、ルックスと誠実さ、そして潜在的な能力までを持った、次世代「ライジングスター」として期待を集めている新鋭キム・ヨンデの合流が活力を吹き入れる見通しだ。

キム・ヨンデはチョン・ヨンジュ役で出演。チョン・ヨンジュは事情を持った転校生でコン・ギジュン(キム・ヨハン)と縁がある人物。キム・ヨンデは「『学校』シリーズに出演することになって不思議でありがたい。伝統ある『学校』シリーズの視聴者の皆さんが楽しくご覧いただけるように最善を尽くしたい」とキャスティング所感を明らかにした。続いて彼は「『学校2021』のヨンジュは事情もあり、痛ましい部分も持つ子なので共感する。ヨンジュの怒りと痛み、そして成長を一緒にしたい」と付け加えた。

キム・ヨンデは、2017年のウェブドラマ「片想いの合図 特別編」でデビュー、MBC「偶然見つけたハル」で、ドラマの中でのセリフ「僕の好きな子はイチゴが好きです」を完全に消化し、「イチゴユニバース」熱風を起こした。以後SBS「ペントハウス」シリーズで一目で入ってくるルックスで「ソクフンママ」を養成、KBS 2TV「浮気したら死ぬ」ではチョ・ヨジョンと呼吸を合わせて男性美を発散して「2020 KBS演技大賞」で人気賞を受賞した。放映中の「アンダーカバー」は、キム・テヨル役で特別出演して火花のようなカリスマを吹きだして注目された。それだけでなく、広告モデルとしての活躍も活発で、最近、広告収入の一部を寄付プロジェクトを進行するという抱負を明らかにし温かさを見せた。

「学校2021」はキム・ヨンデだけでなく、キム・ヨハンなど若手俳優たちが出演する予定だ。現在キム・ヨンデは6月4日に初放送を控えた「ペントハウス3」の撮影で忙しい日々を送っている。

WOW!Korea提供

2021.05.26

blank