イ・ソクフン(sg WANNABE)、ミュージカル「マリー・アントワネット」ポスター公開…ロマンチックな貴族の姿


歌手イ・ソクフンがミュージカル「マリー・アントワネット」で魅力的な伯爵に変身する。

18日、ミュージカル「マリー・アントワネット」の製作会社の公式SNSを通じてアクセル・フォン・フェルセン伯爵(Axel von Fersen)キャラクターを引き受けたイ・ソクフンのキャラクターポスターの写真が公開された。

ポスターの中のイ・ソクフンは、カラフルなレッドとブルートーンの貴族の衣装を着てどこかを見つめる目で一気に見る人々の視線を捕らえた。イ・ソクフンの独歩的な雰囲気が、本舞台にどのように表れるのか期待感が高まる。

劇中でイ・ソクフンが引き受けたアクセル・フォン・フェルセン伯爵はマリー・アントワネットを愛する魅力的で勇敢なスウェーデンの貴族で、すべての女性が羨望する人物だ。特にマリー・アントワネットの真の姿を理解し、彼女が助けを必要とするときは、常にそばを守ってくれるロマンチックな容貌が観客に強烈なインパクトを残すキャラクターだ。

イ・ソクフンは独歩的な歌唱力と声のトーン、響きのある声量だけでなく、繊細な感情演技とキャラクター解釈力を発揮し、アクセル・フォン・フェルセン伯爵の話を伝える予定だ。

先に「笑う男」、「キンキーブーツ」、「光化門恋歌」などの有名ミュージカルの主人公として活躍して観客たちの好評と信頼を得たイ・ソクフンが、今回は「マリー・アントワネット」で示す別の魅力的な演技と歌が期待される。

イ・ソクフンが出演するミュージカル「マリー・アントワネット」は、フランスの王妃であり18世紀のフランス革命でギロチンで一生を終えたマリー・アントワネットのドラマチックな人生と、社会の不条理に関心を持って革命をリードする架空の人物グリッド・アルノーの人生を対照的に照明して、真実と正義の真の意味を伝える作品だ。7月13日に開幕する。

イ・ソクフンは12日、バンドrocoberryと一緒にリメイクシングル「君を愛する10の理由」を発売するなど、活発な音楽活動で多目的な魅力を披露している。

WOW!Korea提供

2021.05.20

blank