ユラ(元Girl’s day)演技への挑戦、非難を受けるのではと怖かった…」(オンエンオフ)


「オンエンオフ」でGirl‘s day出身ユラが演技に臨む慎重な態度を覗かせた。

18日午後に放送されたケーブルチャンネルtvN「オンエンオフ」には、ユラ(元Girl‘s day)がゲストとして登場した。

この日ユラ(元Girl‘s day)はマッサージチェアに座り、SBSの新・金土ドラマ「今、別れている最中です」の台本リーディングにふけた。彼女は「劇中、気難しいインフルエンサー役に扮した。仕事に細かい人物です。」と、におわせた。

「アイドル3代画伯」という別名を持つユラは、作業室も公開。特に親友である俳優のユン・シユンがサプライズ訪問すると目を引いた。ユラは「以前、KBS2TV『1泊2日』に出演したときにパートナーとなったきっかけで親しくなった。オッパ(年上の男性)に演技のアドバイスを聞きながらさらに仲が深まった。」と紹介した。

ユン・シユンは、ユラが作家として個人でも展示会まで開催したことについて羨ましがった。彼は「僕は写真を撮るのが好きだが、見せるとみんなから非難されるようで怖かった。」と話した。

これにユラは、「私もそうだ。それでも自信を持って、展示会を準備した。『自分で一生懸命やれば非難は受けないだろう』という気持ちだった。」としながら、「でも、私は演技がそうだった。オッパが、アイドルたちがNGを出せば凍り付くと、そう言ったでしょう。」と打ち明けた。

ユン・シユンは、「僕が『サイコパスダイアリー』の撮影の時、ユラが友情出演で少し出たでしょう。ユラが撮影所にもいつものように明るくしていると思ったのに、すごく緊張しているんだよ。1テイク撮るたびにその圧迫感を感じる。だからユラがドラマをやるって言った時は、その感じを思い出したかな」と伝えた。

ユラは「もう緊張はしないか」というユン・シユンからの質問に、「以前よりはとても良くなった。以前は顔が赤くなった。それから歌手の人たちはカメラが入れば、ものすごくカメラを探して目を合わせるの。でも演技はカメラを感じちゃダメでしょう。最初はそれがとてもぎこちなかった。」と答えた。

しかし、たちまちユラは「正反対だから困惑したけど、それも完全に慣れた。」と成長した顔つきを見せた。

ユン・シユンは「上手だ」と褒め、ユラは「たくさん練習しないと」と謙遜し話した。

WOW!Korea提供

2021.05.20

blank