「BTS(防弾少年団)」Vの自作曲ナンバー「Blue & Grey」、Spotifyで1億件突破…自身の“燃え尽き症候群”を綴った名曲


ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」のVの自作曲楽曲「Blue & Grey」が熱い人気を再び証明した。

4日調べで世界最大音源プラットフォームSpotifyで、「BTS」の楽曲「Blue & Grey」の累積ストリーミング再生回数が1億件を突破した。先月8日に9000万ストリーミングを達成してから約30日ぶりの記録。

「Blue & Grey」は「BTS」のメンバーVの自作曲として知られ、さらに驚きを醸し出した。昨年11月にリリースした「BTS」のアリバム「BE」の収録曲であるこの楽曲は、Vが“燃え尽き症候群”を経験した後、自身が抱いていた感情を投影させたと明かしたことがある。

特に、新型コロナウイルスの事態で疲れを感じているすべての人々に温かい励ましと感動を届け共感を導いていた「Blue & Grey」は、メンバーたちの優れた歌唱力や繊細な表現が加えられ、“名曲中の名曲”という賛辞を受けたりもした。リスナーたちの期待と満足感はアルバム「BE」の発売直後、アメリカ・ビルボードの「HOT100」チャートで13位に上るなど、成績でも明らかになった。

「Blue & Grey」の1億ストリーミング突破のニュースにファンたちも、「Vは本当に天才、おめでとう」、「『BTS』の楽曲はいつも癒しそのもの」などの反応を見せ、祝福の嵐が続いている。

一方、「BTS」は今月21日にニューシングル「Butter」のリリースを控えている。

WOW!Korea提供

2021.05.04

blank