ソ・イェジ主演映画「明日の記憶」1位、コン・ユ&パク・ボゴム「徐福(ソボク)」は3位…ユン・ヨジョンに栄光をもたらした「ミナリ」は100万目前


俳優ソ・イェジ&キム・ガンウ主演の映画「明日の記憶」が、4月第3週~4週のボックスオフィスで1位を獲得した。

映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると「明日の記憶」は、22日(木)から29日(木)まで1週間で17万 3436人を動員してボックスオフィス1位になった。 累積観客数は19万 2766人だ。

「明日の記憶」は、公開初日である21日に1万 8187人を集めてボックスオフィス1位に安着し、公開初週の1週間上位圏に留まって興行成績を誇った。

特に「明日の記憶」は、さまざまな物議を醸している女優ソ・イェジによって、広報序盤は大変だったが、騒動が長びいて、かえって観客の関心を引き、“ノイズマーケティング”効果を表した。

合わせて、「映画はおもしろい」、「ソ・イェジ、キム・ガンウの演技は認める」などの反応が続いて口コミが広がった。

2位は、日本のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」だ。 1週間で12万 5729人を動員してロングランヒットを継続した。この映画は1月27日に公開され、3ヶ月以上3位圏中に位置する底力を誇示している。


3位は、劇場とTVINGで同時公開した「徐福(ソボク)」だ。 コン・ユとパク・ボゴムの共演で製作段階から話題を集めたこの映画は、観客の絶えない関心で上位圏に留まっている。 1週間で10万 2259人を集めたし、累積観客数36万 803人を記録中だ。

引き続き、日本のアニメ映画「劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』」が、5万 2803人を集めて4位になった。 累積観客数は14万 7239人だ。

28日公開された「雨とあなたの話」は、5位だった。 カン・ハヌル、チョン・ウヒ主演のこの映画は、公開以後5万 1004人を動員、累積観客数5万 2481人を記録している。 現在、デイリーボックスオフィスは1位だ。

また、女優ユン・ヨジョンが韓国俳優で初めてアカデミー賞の助演女優賞を受賞して、アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演女優賞、音楽賞など6部門候補にあがった「ミナリ」は6位だ。 「ミナリ」は、26日(現地時間)行われた「アカデミー賞」授賞式以後、より大きな関心を引いて4万 9027人を動員、累積観客数97万 3920人で100万突破を目前にしている。

2021.05.01

blank