【全文】Play Mを去ったソン・ナウン(Apink)、新しい門出に心境明かす「いつの間にか10年、幸せな日々だった」


ガールズグループ「Apink」のメンバー兼女優のソン・ナウンが新しいスタートを控えた心境を明かした。

ソン・ナウンは1日、自身のインスタグラムに「18歳にデビューしていつの間にか10年という時間が流れた。振り返ってみると、これまでいただいていた身に余る愛と応援で『I don’t Know』を歌っていた18歳のソン・ナウンがぐんと成長し、28歳の今のソン・ナウンになれることができ、いつも感謝の気持ちでこの上なく幸せな日々を送ることができた」と綴った。

これに先立ちソン・ナウンの所属事務所Play Mエンターテインメントは公式立場を通じて「ソン・ナウンと再契約をしないことで協議した」と明らかにした。「Apink」の残りのメンバー、パク・チョロン、ユン・ボミ、チョン・ウンジ、キム・ナムジュ、オ・ハヨンの5人はPlay Mと再契約を結び縁を繋いでいく。ソン・ナウンはYGエンターテインメントと専属契約を論議しているという。

一方、ソン・ナウンは2011年に「Apink」としてデビューし、「I don’t Know」、「Mr. Chu」、「NoNoNo」など数多くのヒット曲を出した。「2度目の二十歳」、「シンデレラと4人の騎士<ナイト>」、「夕食、一緒に食べませんか? 」などさまざまなドラマに出演し、女優としても活躍してきた。

▲ 以下、ソン・ナウンのインスタグラムの投稿全文

こんにちは。「Apink」のソン・ナウンです。
18歳にデビューしていつの間にか10年という時間が流れました。
振り返ってみると、これまでいただいていた身に余る愛と応援で
「I don’t Know」を歌っていた18歳のソン・ナウンがぐんと成長し、
28歳、今のソン・ナウンになれたし、
いつも感謝の気持ちでこの上なく幸せな日々を送ることができました。

その時間一緒に過ごしてくれたメンバーたち、PANDA(ファンクラブ名)たち、Play Mの家族たち、
一緒に過ごしたスタッフたち、その他多くの方々に心から感謝申し上げ
メンバーたちや事務所と一緒に慎重に悩んだ末に下した私の選択を
このようにお伝えしようと思います。

しばらくはそれぞれの場所で、そしていつでも一つの心、同じ志で
また集まり「Apink」としても良い姿をお見せするので
これからがもっと輝く「Apink」をたくさん応援してください!

10年以上一緒に過ごしてくれた家族のような懐を離れ新しい場所での
新しいスタートが私にとってもまだ慣れていないので心配も大きいですが
また一歩成長したソン・ナウンになれるよう努力します!
ありがとうございます!

You’re my shining star
あなたがいれば決して揺れない 私は
一緒にいて いつも私のそばに
You’re my shining star
あなたへの気持ちは決して揺れない 私は
永遠にそばにいるよ

WOW!Korea提供

2021.05.01

blank