“ヒットメーカーとして成長”…「ENHYPEN」、全世界が注目!”5大SNSの登録者数が各々100万人超え”


新曲「Drunk-Dazed」で戻ってきたグループ「ENHYPEN」に向かって海外メディアが絶賛している。

MTVは「ENHYPEN」が2020年にデビューしたグループの中で単日アルバム基準で最高アルバム販売量を記録したチームであるとの点を想起させ「若い年齢にも沈着性と神秘な雰囲気を持っている」とメンバーたちの力量と魅力を高く評価した。今回のカムバックについては「『BORDER : DAY ONE』で枠を破り、今は翼を広げる準備が済んでいる」と「ENHYPEN」の飛翔を占った。

米マガジンのセブンティーンは「『ENHYPEN』がデビューしてたった数か月だが、彼らは既に予見されていたかのようにヒットメーカーとして成長している」といい「ENHYPEN」の急激な成長勢いに注目した。また「ティーン ヴォーグ」は「デビュー前から多くの人々から注目されたチーム」と「ENHYPEN」を紹介した後、新譜について「2ndミニアルバムは1stミニアルバム位に、むしろそれ以上にインパクトがある」と公表した。続いて「チーム名に込められた連結・発見・成長の意味を引き出した『BORDER : CARNIVAL』は(デビューアルバムの)『BORDER : DAY ONE』の次の旅程を扱っている」との深度のある解釈を出した。

「ENHYPEN」に向かっての海外メディアの高い関心は先月26日に開かれたメディアショーケースでも確認された。全世界約130名の海外記者団とメディア関係者たちがオンライン生中継でショーケースを見ていた。これは昨年11月に開催されたデビュー記念メディアショーケースのオンライン生中継視聴人数の2倍に達する数値だ。

一方「ENHYPEN」はグローバルファンたちの投票で結成されたグループであるだけあってデビュー前から全世界的に耳目を集めた。デビューを前にした昨年11月10日にはTikTok、Twitter、YouTube、インスタグラム、V LIVEなど5大SNSのフォロワー及び登録者数が各々100万人を達成し、デビュー5か月になった現在は5大SNSで1504万フォロワーを持ったグローバルグループとして伸びあがった。

WOW!Korea提供

2021.05.01

blank