オク・チュヒョン(Fin.K.L)、出演番組での“他番組のオファー拒否”発言が問題に


韓国女性グループ「Fin.K.L」出身で、ミュージカル女優のオク・チュヒョンが、「私は一人で暮らす」を連想させる「一人で暮らす番組」という表現を使い、当該番組のオファーを断ったことを明かし、非難を浴びている。

オク・チュヒョンは27日、tvN「ON&OFF」に出演し、テレビ番組で初めて日常生活を公開した。彼女は、日常生活はもちろん、自宅を初めて公開し、徹底した自己管理をおこなう姿を見せた。

MCのソン・シギョンが「日常はあまり見せないのでは? 」と聞くと、オク・チュヒョンは「日常生活を見せるのは初めてだ。一人で暮らす番組から何度かオファーを受けたが、断りつづけた」と明かした。

これに対してMCのオム・ジョンファは「私がいるから? 」と聞き、オク・チュヒョンは「ジョンファさんがいるから情がわいて」と話した。

オク・チュヒョンはMBC「私は一人で暮らす」の名前を具体的には明かさなかったが、「一人で暮らす番組」という表現は「私は一人で暮らす」を連想せざるをえない。

これを見たネットユーザーたちは「オファーを断った話にわざわざ言及する必要があったか」、「誰が聴いても『私は一人で暮らす』だ」、「どの番組であれ、オファーはありがたいものなのに、断ったことを明かすなんて残念だ」などの反応を見せた。

そもそもバラエティー番組で他番組について言及することは、出演者も最大限気をつけている部分だ。全く性質が違う番組であっても避ける傾向にある。

今年でデビュー24年になるオク・チュヒョンが「ON&OFF」で「私は一人で暮らす」を間接的に表現し、さらにはオファーを断ったという話をしたのは、どちらの番組に対しても失礼だったという反応だ。

テレビ関係者は「テレビ番組で他番組について言及するのは礼儀でないし、誰が聞いても分かるような表現でオファーを断ったという話をわざわざしたことによって、オク・チュヒョンは信頼をそこねた」と話した。

“自己管理のアイコン”と言われるオク・チュヒョンは、番組でデビュー後初めてスタイル維持の秘訣を公開して注目されただけに、今回の発言は残念だ。

WOW!Korea提供

2021.04.28

blank