【時代劇が面白い】発掘!トンイの正体をめぐって3つの説が噂されていた

19代王の粛宗(スクチョン)の側室として張禧嬪(チャン・ヒビン)と激しいライバル関係にあったのが淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)だ。彼女に関係する噂とは何なのか。

 

謎めいたトンイの存在
淑嬪・崔氏はドラマ『トンイ』の主人公になった女性である。
実は彼女の素性はわからないことが多く、3つの説がある。
それを具体的に見ていこう。
1つは、7歳のときにムスリ(下働きをする女性)として王宮に入ってきたという説があった。
王宮の中では、水をくむとか掃除をするとか、そういう下働きをする女性が多くいた。女官というのは一応はエリートの女性であって、下働きはしない。一方、水をくむというのは大変な重労働で、こういう仕事は身分が低い人たちにやらせていた。そのムスリの1人が淑嬪・崔氏だったというのだ。
第2の説は、仁顕(イニョン)王后が1681年に粛宗の二番目の正室として宮中入りしたとき、淑嬪・崔氏も下女として一緒についてきたというものだ。
第3の説は謎めいている。水くみのムスリに違いはないのだが、すでに結婚していて子供が2人いたというものだ。

そもそも、女官というのは未婚でなければなれない。ドラマ『宮廷女官 チャングムの誓い』でもわかるように、5歳くらいに見習いとして宮中に入ってきた女の子が、10数年の修業を経て一人前の女官になっていく。
その一方で、ムスリは結婚していても問題はなかった。しかし、後に粛宗の寵愛を受ける淑嬪・崔氏にすでに子供が2人いた、というのは本来ありえない。
しかし、噂が出ること自体が彼女の謎めいた存在を暗示している。
果たして、3つの説の中でどれが真実に近いのか。
いずれにしても、『トンイ』のように明朗活発な女性でなかったことは確かなようだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

決定版!トンイ(淑嬪・崔氏)はこんな人だったのか

トンイの告発によって張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪が決定!

ドラマ『トンイ』は張禧嬪(チャン・ヒビン)の王妃失格をどう描いたか

トンイが王宮に入ってきた経緯が謎だらけ!

トンイはドラマの聖女とは別人のような人物?

 

コラム提供:チャレソ

http://chaleso.com/

2021.04.28

blank