コン・ユ&パク・ボゴム「徐福」、未公開スチール大放出

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

映画「徐福」が未公開スチール第1弾を公開した。
「徐福」は、人類初のクローン人間である徐福(パク・ボゴム)を極秘裏に移すという生涯最後の任務を引き受けることになった情報局要員のギホン(コン・ユ)が、徐福を狙う複数の勢力の追跡の中で特別な同行をしながら予期せぬ状況に巻き込まれるという物語を盛り込んだドラマだ。


今日(27日)公開されたスチールはギホンと徐福の予期せぬ特別な同行の過程がそっくり盛り込まれて興味深い。まずアン部長(チョ・ウジン)から拒否することができない提案を受けて徐福がいる研究所を訪れたギホン。死を前にしたギホンの鋭敏でシャープなイメージを表現するために6か月間のダイエットで減量したコン・ユは、これまで見たことのないほどやつれて生気のない姿でキャラクターと完全にひとつになった。

イム・セウン博士(チャン・ヨンナム)の世話を受けている徐福役のパク・ボゴムの純粋で子供のような姿や自身を狙う勢力に対する鋭い目つきなど、数奇な運命の徐福を立体的なキャラクターとして表現して観客に切なさと同情心、悲しみなど様々な感情を呼び起こしている。


ふたりが初めて共感する空間、打ち解けて会話を交わす海、そして行き場のない「徐福」の唯一の目的地であるウルサン(蔚山)の大聖堂に至るまで、様々な場所を経ていきながら事あるごとにぶつかったギホンと徐福は徐々に近づいていった。これによってコン・ユとパク・ボゴムが醸し出す特別なブロマンスは、観客に深い感動と余韻を与える。

2021.04.27

blank