カン・スンユン(WINNER)、ドラマ「ボイス4」出演確定=4次元サイバー要員役


韓国アイドルグループ「WINNER」のメンバー、カン・スンユンがOCNドラマ「ボイス4」出演を確定した。

OCN新オリジナル「ボイス4:審判の時間」(脚本:マ・ジンウォン、演出:シン・ヨンフィ)は犯罪現場のゴールデンタイムを死守する112通報センター隊員たちのし烈な記録を描いたボイス追撃スリラーだ。

今回のシーズン4は超聴力で残酷な犯罪に手を染める殺人鬼が登場する。自分と同じ能力を持つ犯罪者により窮地に追い詰められたボイスプロファイラーと、妥協を許さない原則主義刑事の新たなゴールデンタイムでの協力がリアルに描かれる予定だ。

カン・スンユンは劇中、サイバー捜査隊に特別採用で入ってきた4次元サイバー要員ハン・ウジュ役を演じる。ハン・ウジュは3大工学者の家で明晰な頭脳で注目されたが、“ウォラベル”(ワークライフバランス)を重要視しており、博士課程を捨てた工学界の異端児。カン・スンユンはゴールデンタイムチームのコールチーム要員として新たに投入され、活躍するハン・ウジュの魅力と成長を自分だけのカラーで表現し、ドラマの楽しさをより一層高める予定だ。

カン・スンユンは「素敵な作品を一緒にすることができて光栄でわくわくする」とし「一生懸命撮影して、良い姿をお見せできるようにしたい。多くの関心をお願いする」と伝えた。

一方、「ボイス4」は来る6月に初放送される。

WOW!Korea提供

2021.04.27

blank