「EXID」ハニ、本名での活動についてを言及…「事務所が本名を使った」


「EXID」ハニが、女優活動で本名を使用することついて言及した。

本日(13日)韓国で放送されたSBSラジオ「パク・ハソンのシネタウン」には、映画「大人たちは知らない」で主演を務めたハニとイ・ユミがゲストとして出演した。

この映画を通じてスクリーンデビューしたハニは、本名のアン・ヒヨンとして活動することについて「実は特別な意味はなくて、サブキャラクターのような感じです。事務所が本名で広報資料を配布していました。それで『本名で活動しなきゃいけないのか』と思いました」と語った。

映画「大人たちは知らない」は、家庭と学校から見捨てられた10代の妊婦のセジン(イ・ユミ)が、家出して4年目の同い年の友達ジュヨン(ハニ)とともに、険しい“遺産プロジェクト”を始めることから繰り広げられる物語。韓国で4月15日に公開される予定だ。

2021.04.13

blank