映画「ミナリ」出演のハン・イェリ、米アカデミー賞出席のため「スケジュールを調整中」


韓国女優ハン・イェリが米アカデミー授賞式に出席する見通しだ。

所属事務所サラムエンターテインメント関係者は9日午前、OSENに「ハン・イェリはアカデミー側から正式招待され、現在授賞式に出席する方向でスケジュールを調整中」と明らかにした。

ハン・イェリが主演を務めた映画「ミナリ」(リー・アイザック・チョン監督)は、先月公開された第93回アカデミー賞で監督賞、作品賞をはじめ音楽賞、脚本賞、助演女優賞(ユン・ヨジョン)、主演男優賞(スティーヴン・ユァン)の6部門にノミネートされ、注目を集めている。また、ハン・イェリが歌った「ミナリ」のテーマ曲「Rain Song」も主題歌部門の予備候補に挙がっている。

ハン・イェリは「ミナリ」の主演を務めているだけに、授賞式側が公式に招待したもの。これに先立って、ハン・イェリは「2021ゴールドリスト」授賞式で主演女優賞を受賞している。女優ユン・ヨジョンも助演女優賞のノミネートされており、授賞式に参加する予定だ。

「ミナリ」は希望を求めて“見知らぬ土地”米国に渡った韓国人家族の特別なストーリーを描いた作品。劇中、ハン・イェリは新しいスタートを夢見るジェイコブ(スティーヴン・ユァン)の妻であり2児の母であるモニカ役を演じた。

WOW!Korea提供

2021.04.09

blank