JB(GOT7)、H1GHR MUSICと専属契約議論中と報道


韓国アイドルグループ「GOT7」JBがH1GHR MUSICと専属契約を交わす見通しだ。

31日、OSENの取材結果、ことし1月、JYPエンターテインメントと専属契約満了後、所属事務所を離れたJBはパク・ジェボムが代表を務めるヒップホップレーベルH1GHR MUSICと専属契約を議論中だ。

「GOT7」は2014年1月、1stミニアルバム「Got it? 」を発売してデビューし、「Hard Carry」や「Just right」、「If You Do」「Lullaby」、「Fly」、「you are」など様々なヒット曲を発表して、グローバルアイドルグループとして大活躍した。

ことし1月、デビュー7年でメンバー全員が再契約せず、JYPを離れた中、JBを除くほとんどのメンバーは早めにそれぞれの進退を決めた。ジニョンはBH、ヨンジェはSUBLIME ARTIST AGENCY、BAMBAMはABYSSカンパニー、ユギョムはAOMGとそれぞれ専属契約を交わし、Jacksonは自分のレーベルTEAM WANGとSUBLIME ARTIST AGENCYとの業務協約を交わした。

これまで多くのラブコールを受けて悩んできたJBはH1GHR MUSICで新たに出発する見通しだ。「GOT7」のリーダーとして活躍してきたJBは、「GOT7」アルバムの作詞・作曲に参加し、優れた音楽力を発揮したことを受け、H1GHR MUSICでどのような音楽的な歩みを見せるのか期待が集まっている。

一方、H1GHR MUSICは実力派の国内アーティストと米国シアトルを含む様々な国、都市で活躍しているアーティストで構成されたグローバルヒップホップ・R&B音楽レーベルで、パク・ジェボムとCha Cha Maloneが2017年に設立した。現在、Sik-Kや「GroovyRoom」、pH-1、Woodie Gochildm、HAON、WOOGIE、BIG Naughty、DJ SMMT、Yultron、28AV(formerly known as Avatar Darko)、Phe Redsなど国内外の実力派アーティストらが大挙所属している。

WOW!Korea提供

2021.03.31

blank