キム・ジュンス、ミュージカル「ドラキュラ」4回目のシーズンに参加確定…独自のキャラクターに期待高まる

歌手キム・ジュンスが、ミュージカル「ドラキュラ」の全シーズンに参加する。
2014年の歴史的韓国初演の舞台を皮切りに、2020年に4年ぶりに戻ってきた舞台と毎シーズン破格的なビジュアルと爆発するような歌唱力で舞台を圧倒しているジュンスが、継続して「ドラキュラ」として観客に会う。これまでの「ドラキュラ」が持つ暗く怖いイメージを捨てて胸が痛い事情を持つ人間的な吸血鬼を表現し、世界で唯一無二の「ドラキュラ」として新しいキャラクターを作りだしたジュンスが、1年ぶりに4回目のシーズンで再び幕を上げるミュージカル「ドラキュラ」のタイトルロールキャスティング確定のニュースを伝えた。

ミュージカル「ドラキュラ」は、アイルランドの小説家ブラム・ストーカー(Bram Stoker)の同名小説を脚色した作品で、1000年という歳月の間、ひとりの女性だけを愛したドラキュラの話を扱った。「キム・ジュンス」といえば「ドラキュラ」という公式が成立するほど、まるで本人の名前のように「ドラキュラ」を代表するアイコンとなったジュンス。毎シーズン爆発するような歌唱力だけでなく、ダイナミックなパフォーマンスで舞台を掌握し、観客を虜にしたジュンスは、2021年も彼独自の「ドラキュラ」で、再び伝説的な舞台を作り上げるものと期待される。

昨年、ミュージカルデビュー10周年を迎えた3回目の「ドラキュラ」の舞台では、ジュンスのさらに深く強くなった姿に会うことができた。一段階成熟した姿で舞台に立ったジュンスは、過去10年にわたって磨いてきた内面を完全に舞台に投影してその意味を高めた。公演のたびに最高の技量を披露し、「ドラキュラ」の公演だけで100回という大記録を立てたジュンスは、彼独自の象徴的な赤い髪と同じくらい強烈な姿で「ドラキュラ」という超人的な存在そのものの演技で客席を圧倒するなど名実ともにワールドクラスのドラキュラであることを実感させた。

(2ページに続く)

2021.03.29

blank