イ・ソジン&イ・ジュヨン、「タイムズ」放送終了に向けた名残惜しいあいさつ…”今年の冬忘れられない良い思い出”

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

イ・ソジンとイ・ジュヨンが、「タイムズ」を離れる心境を伝えた。
OCN週末ドラマ「タイムズ」は28日、最終回を前に視聴者たちをタイムワープ政治ミステリーに導いたイ・ソジンとイ・ジュヨンの別れのあいさつを伝えた。

イ・ソジンは、吹き荒れるタイムワープの中心で真実を追う信念にあふれた記者「イ・ジヌ」として大活躍した。彼は記者としての使命感と弟の無念の死に対する復讐、後輩記者を失う悲しみ、そしてどんな状況でも最後まで真実を暴く執念など、激しい感情の変化を自然に演じ切った。彼は「タイムズ」に対して「今年の冬忘れられない良い思い出だった」とし、「5か月間、現場をよくリードしてくれたユン・ジョンホ監督と苦楽を共にした俳優とスタッフ、そして『タイムズ』を応援してくれた視聴に感謝の思いを伝えた。

イ・ジュヨンはソ・ジョンインというキャラクターを通じて、本来の姿を失って冷たく変化する人物たちの間でしっかりと真実に対する価値を守り、劇の中心としての役割をやり遂げた。イ・ジュヨンは、「『タイムズ』は、考えるほどにメッセージを発見することができる意味ある作品であり、何度でも見返したい良いドラマだ」と初の主演作に対する特別な愛情を示した。それとともに「不慣れな私を導いてくださった先輩たちとスタッフの方々と『タイムズ』を視聴してくださったすべての方に感謝する。無限のしがらみであったソ・ジョンインのタイムワープは終わるが、今後も俳優イ・ジュヨンとしてより良い姿で訪ねたい」と語った。


「タイムズ」の最終回は、28日夜10時30分から韓国OCNで放送される。

2021.03.28

blank