<トレンドブログ>【怖い話】お手頃価格の家の怖いはなし


安い家賃の家には気を付けて・・・!

今回は、手頃な価格の家についての怖い話をしようと思う。

当時もうすぐ家賃の契約が終わるので、他の物件を調べている最中だったが、
他の物件は、すべて家賃が50万ウォン(約5万円)以上だったのに
不思議なことに、この家は10万ウォン(約1万円)だった。

それで、僕はラッキーと思いながら
直ぐにその家の契約をした。

数日後、その家に引っ越しただけど
内見した時、適当に見て契約したのでよく知らなかったけど少し、汚かった;;

でも、10万ウォンで、これ位ならましだね!と思って
家を掃除したら、夜になっていた。

その日は、床に布団を敷いて寝た。
引っ越しして1週間ほどは何もなかったけど
その後から、午後12時が過ぎるとトイレで
「ポタッ・・・ポタッ・・・」と音が聞こえてきた。

始めの頃は無視してしてが、ずっと聞こえるので
トイレに行ってみると、水が落ちる音ではなかった。

さらに、不思議なのは私が向かうと、音が静まるのだ・・・

それで少し怖くなったけど、無視して眠りについた。
不思議なことに、それ以降何の音も聞こえない。

だが、その後から眠る度に身体が動かなくなり
トイレでは「ポタッ・・・ポタッ・・・」と音が聞こえてきた。
僕は金縛りかな・・・と思いながら、解こうとしたけど
トイレのドアが開く音がして、足音が聞こえてきた。

足音が聞こえてすぐ目が覚めたけど、最初は何か悪夢だと思い
無視してたが、毎日眠りにつく度に足音は続いた。

どんどん不安は大きくなってきて、契約した不動産に連絡すると、
この家で1か月以上いた人はいないという…

とりあえず分かったといった後、両親に連絡して事情を話すと
心配した両親は、僕の家に巫女をよこした。

巫女は、
「この家は人が住む家ではない。毎日悪夢を見るでしょう?
足音がしない?」といった。

僕は、「そうだ」というと、僕にお守りを一つ渡して
「君、今日は寝ないでこのお札をもっていなさい。
夜中1時くらいになると、眠たくなるだろうが、決して寝てはいけねい。明日の朝6時に電話するから、その時まで寝てはいけない!
そして、トイレから音が聞こえても決して見てはいけない。
肝に銘じなさい。じゃあ、明日会おう」と言って帰って行った。

その日は、巫女の言いつけの通りお札を持って
コーヒーとエナジードリンクを飲んで耐えようとした。
しかし、巫女の言葉通り1時以降、急に眠気が襲ってきた。

僕は、寝ないように頑張って耐えていた。
明け方4時頃?になると、トイレから変な音が聞こえてきた。
さらに、大きな音が聞こえてきて
「来い!早く来い」と声が聞こえて、驚いたけど
僕は何もできないでじっとしていた。

その後、どうにか6時まで我慢した。
6時にになると、巫女から電話が来て
電話をとると「よく我慢したね。すぐ家に行くから」といって電話を切った。

巫女の電話の後は、何の音も聞こえなくなった。
その後、巫女が家に来てから家の隅々まで調べると
ここが問題だったといいながら、
幽霊がでないお札をトイレとリビングに張っておきなさいとし、
引っ越すまで絶対に剝がしてはならないと言って
大きなため息をしながら、家から出て行った。

何の問題だったかは詳しく聞けなかったが、
異常に家賃の安い家は、疑ってかかった方いいだろう。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.03.28

blank