俳優ポン・テギュ「親友タブロに奥さんのカン・ヘジョンを紹介した人は私」


俳優ポン・テギュがタブロ×カン・ヘジョン夫婦との格別な付き合いについて話した。

今月28日に放送される「Movie Room」はMCポン・テギュの俳優デビュー21周年特集で開かれる。ここに特別MCとして出撃した芸人ユ・セユンとポン・テギュの10年の親友タブロが出演しポン・テギュが直接選択した映画「家族の誕生」と「それでもボクはやってない」について話し合う。

ビョン・ヨンジュ監督は2つの作品について「『家族の誕生』は俳優ポン・テギュが観客とどのように疎通するかを見せる作品で、『それでもボクはやっていない』は多様な役を演ずる加瀬亮が登場する作品だ。2つの映画はアジアで輝く俳優二人を観れる作品」と説明した。

この日ポン・テギュの親友として出演したタブロは「ポン・テギュは私が一番辛かった時にそばにいてくれた人」と言い格別な愛情を見せた。これに対しポン・テギュは「タブロに奥さんの女優カン・ヘジョンを紹介した人が私だ」と明かし、タブロはポン・テギュを「本当の恩人」と表現し仲を自慢したという。

またタブロは俳優ポン・テギュの特別な(? )演技力も言及した。「悔しそうな演技はポン・テギュが1番だ」とその理由を説明しスタジオを大笑いさせたと伝わった。

WOW!Korea提供

2021.03.28

blank