<トレンドブログ>【怖い話】釜山(プサン)海雲台に住んでいた頃のはなし


釜山・海雲台に住んでいた時のはなしです。

私が以前に経験した怖い話を一つ話そうと思う。
当時、私は釜山の海雲台で家族と離れて一人で住んでいた。
久しぶりに家族に会うために、地下鉄2号線に乗って実家に行く途中だった。

私は、イヤフォンをつけて一人で歌を聴きながら
携帯電話をいじっていたが、約10分くらいすぎたかな?
少し、変な感じがした。

だから、周囲を見回してみると…
平凡な地下鉄の風景が広がっていた。

それで、なんだろう?と思いながらも
再び音楽に集中した。

約2分くらいすぎて、また変な感じがした。
ところが、今回は地下鉄の後ろの方に立っているある女性が
私を見つめていた。

私が、見返した瞬間…突然その女性が大きな声が笑いだした。
でも、私以外の乗客は、その女性をシカとしているのか
見えてないのか、全然気にしていないようだった。

私は、怖くてなにもできずにいたが
その女性が、こう言った。

「私が見えるの?」

その瞬間、後ろから「起きろ!」と大きな声が聞こえて
眠りから覚めた・・・
起きてみると、すでに私が向かってた駅についていた。

家に帰って、地下鉄での出来事ことを考えてみたけど
それは、実際に起きたことのようだった。
その女性が誰で、後ろから起きろを言ったのは人は
誰だったのだろうか・・・?

今考えてみても、鳥肌ものだ。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.03.27

blank