ジュノ(2PM)今日(20日)召集解除、2PM完全体でのカムバックに期待が高まる!”あ…通り過ぎる人たちをみんなつかまえて自慢したい日ですね”(動画あり)

グループ2PMのジュノが今日20日召集解除(兵役除隊完了)した。

この日2PMの公式SNSには「あ…通り過ぎる人たちをみんなつかまえて自慢したい日ですね...(感激)」という文と1本の動画が公開された。
動画の中にはペンスを入れた籠を持って歩くジュノの姿が盛り込まれている。

ジュノは白のシャツにジーンズをマッチさせて、さわやかなスタイルをアピールした。

特にジュノの小顔で際立つビジュアルはもちろん、ペンスを持って歩く様子はまるで兄弟のようで、笑いまでプレゼントした。

これに先駆けジュノの所属事務所JYPエンターテインメントの関係者は「2PMジュノが、MBC新ドラマ『袖の赤い裾口』への出演を前向きに検討している」と知らせた。

同名の小説を原作にしたロマンス時代劇「袖の赤い裾口」は、宮女出身で内命婦最高の官位である正一品の嬪という地位にまで上がったムニョセジャ(文孝世子)の生母であるウィビン ソンシ(宜嬪成氏)の物語を描いた。「仮面の王 イ・ソン」を執筆したチョン・ヘリと、「自己発光オフィス」のチョン・ジインプロデューサーがタッグを組む。
さらにジュノの召集解除で今後の2PMの完全体でのカムバックに多くの期待と関心が集まっている。

ジュノは2019年5月30日に入所し、社会服務要員として服務してきた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

real_2pmstagram(@real_2pmstagram)がシェアした投稿

2021.03.20

blank