B.I(元iKON)、プロジェクト寄付アルバムを発売


歌手B.I(元iKON)が国際救護開発機構(NGO)ワールドビジョンに寄付を行うアルバムを発売する。

17日、131 LABELは「B.Iが19日午後6時に『LOVE STREAMING』プロジェクト寄付アルバムで『深い夜の慰め』を発売する」と明らかにした。

「LOVE STREAMING」は音楽で世界に温かい心を伝えるというプロジェクトだ。B.Iは寄付アルバム後に発生する著作権料、音源や音盤の販売収益、コンテンツ収益などの全額をワールドビジョンの国内外危機児童救護事業に寄付する予定だ。

該当のアルバムに収録された曲は、ファンに心を伝える為にサウンドクラウドにアップロードしていた作業物を再整備した曲だ。

特に過去の過ちを反省しながら、少しでも世界の役に立ちたいというB.Iの希望が込まれた。2016年に大麻を使用した疑惑が知られて、2019年に「iKON」を退会して、元の所属事務所のYGエンターテインメントとの契約を終了した。

131 LABELによると、B.Iは昨年から寄付とボランティア活動を続けながら、難しい環境の子供たちの生計支援費と手術費支援を通して、国内外児童に必要なのが何か知るようになった。このような状況でサウンドクラウドにアップロードしていたデモ曲が誰かの現実的な助けになれたら良いなと思い、今回の寄付アルバムを準備したと伝えた。

B.Iは17日0時にメール購読コンテンツ「131EXCLUSIVE」を通して「深い夜の慰め」プロジェクトポスターを公開しながら寄付アルバムを公式化した。寄付アルバム「深い夜の慰め」は19日午後6時に各種オンライン音源サイトを通して発売される。

WOW!Korea提供

2021.03.17

blank