「BTS(防弾少年団)」、グラミー前哨戦…韓国大衆音楽賞2冠王

 

パク委員は2021年最優秀ポップ-歌部門受賞作「Dynamite」に対し「“転がるときは石のように転がり”、“パンクとソウルで大都市を輝かせ”、“ロックンロール”と“ディスコ”も登場し歌詞はポップ音楽歴史の全ての瞬間に歌をトリビュートさせるセンスをみせた。このように“国内”歌謡ではなく“国際的”ポップの新たな場(chapter)が完成した。これがまさにポップの偉大さだ」と好評した。

「BTS」は映像を通じて「「Dynamite」は全世界の多くの人々が一緒に楽しんでくれることを心から望んで作った曲です。本当に多くの人々が楽しんでくれて、愛してくれて毎瞬間幸せでした。「Dynamite」に込めた真実が多くの方々へ伝わったようで嬉しいし、この一年間「Dynamite」で本当に多くの方々から大きな愛を受けましたが、栄光な賞までを受賞し本当に感謝の気持ちです。貴重な賞を下さった分、我々が皆これからも更に良い音楽をお見せしていけるよう努力していく」と受賞の感想を明かした。

第18回韓国大衆音楽賞は2019年12月1日から2020年11月30日までの12か月の間に発売された音源を対象に、評論家、音楽放送演出家(PD)、大衆音楽担当記者、学会などの専門家が選定委員として参加し候補と受賞者を選定する。

一方、「Dynamite」はコロナで皆がつらい時期に活力と希望を伝播しようと「BTS」の願いを込めた曲として、米国ビルボードメインシングルチャート「HOT100」で1位を獲得し、その後も26週に渡りチャートインを続けた“グローバルヒットソング”として名を知らせた。特に、「BTS」は 「Dynamite」で“”2021GRAMMY AWARDS”BEST POP DUOとGROUP PERFORMANCE部門で受賞候補にあがった。

WOW!Korea提供

2021.03.01

blank