「SHINee」の7thフルアルバム、国内外のヒットメーカーが大挙参加


韓国アイドルグループ「SHINee」のニューアルバムに国内外の人気ミュージシャンらが参加し話題だ。

「SHINee」の7thフルアルバム「Don’t Call Me」は来る22日午後6時、各種音楽配信サイトで公開され、強烈なヒップホップダンスジャンルのタイトル曲「Don’t Call Me」をはじめとする多彩な雰囲気の全9曲に出会える。

特に今回のアルバムにはヒットメーカーのユ・ヨンジンとKENZIEをはじめ、米国の有名プロデューサーDem Jointz、トッププロデュースチーム「Moonshine」、MILLION MARKET所属のラッパーCoogie、実力派アーティストDvwnらが一緒に作業して完成度を高めた。

さらに、ARSホットライン(韓国:1811-0525、海外:+82-70-7103-0525)を通じて収録曲ハイライト音源を順次公開している「SHINee」は本日(19日)、5番目の曲「Body Rhythm」を公開、同曲は踊る姿を感覚的な表現で描いたリズミカルなレゲエジャンルのダンス曲で、H1GHR MUSIC所属のラッパーWoodie Gochildがラップメイキングして、魅力を加えた。

また、18日午後6時にはキーのタイトル曲「Don’t Call Me」ミュージックビデオ(MV)のキャラクターティザー映像が公開され、キーのシックなビジュアルと独特なカリスマ性が調和した映像で音楽ファンの目を引いた。

WOW!Korea提供

2021.02.19

blank