「FTISLAND」、デビュー8周年「浮き沈み多かったが、一緒だったから乗り切れた」

「FTISLAND」、デビュー8周年「浮き沈み多かったが、一緒だったから乗り切れた」

韓国男性バンド「FTISLAND」が米国ビルボードとのインタビューを通じて、デビュー8年目に入った心境を伝えた。

最近ビルボードは「FTISLAND Talk Upcoming Album&How Their Fans Stayed For the Ride」というタイトルのコラムを掲載した。

ボーカルのイ・ホンギはビルボードとのインタビューで「今回のツアーを通じて親しみあるが、今までしてきたこととは差別化された姿を見せようと思った。これが本当のFTISLANDの姿」とし「僕たちが初めて訪れる場所なので、ファンが僕たちと僕たちの音楽について知っていることがとても不思議で、ファンのリアクションは本当に素晴らしかった。僕たちを愛してくださるファンだけいればどこにでも行きたい」と、ツアーへの思いを打ち明けた。

イ・ホンギは続けて「きょうニューヨーク公演で見せることになるパフォーマンスは、今後発売されるアルバムを代表するといえる。アルバムの多くの部分を込めている」とし「アルバム収録曲1つ1つが僕たちにとって多くの意味がある」と明かし、ニューアルバムへの期待感を高めた。

デビュー8年目に入った「FTISLAND」は多くの浮き沈みがあったことを認めながらも、みんなが一緒だったから乗り切ることができた、と明かした。

特に彼らは「デビュー初めは僕たちの外見だけを好きだったファンが多かったと知っている。でも今は僕たちの歌と音楽的な能力、そして可能性を信じてくれるファンが多くいると信じている」とし「いつも僕たちを信じてくれるファンに感謝し、絶対に彼らを失望させたくない」と話してインタビューを締めくくり、ファンへの愛を表現した。

WOW!korea提供

2015.02.13

blank