「インタビューNO1」注目の俳優ソン・ガン、Netflixドラマ「Sweet Home -俺と世界の絶望-」について語る


※一部あらすじ・ネタバレに関するような内容が含まれています。

韓国俳優ソン・ガンは、今月22日にNetflixで配信された新ドラマ「Sweet Home -俺と世界の絶望-」(以下、「Sweet Home」)で、引きこもりの高校生ヒョンスを熱演し、好評を得ている。

本作は同名のウェブトゥーンが原作で、連載と同時に熱い支持を得て人気作となっただけに、今回のドラマ化はさらに大きく期待された。公開後、韓国はもちろん海外でも、Netflixのランキング上位に張り込み、関心を集めている。

主人公のチャ・ヒョンスを演じたソン・ガンは、死まで考えた少年の不安な内面から、モンスター化していきながら生じる外面的・内面的変化を細かく描き、今注目の若手俳優だ。

Q.300億ウォン(約30億円)の大作に対するプレッシャーは? 

キャスティングが決定された時には、制作費に対する話は聞いていませんでした。でもそれを聞いてからは、ものすごいプレッシャーでしたね。どうやってヒョンスをうまく引っ張っていけるのかということを、たくさん考えました。突然変異していくヒョンスを同時に表現しなければならず、本当に悩みました。どうしたらもっと悪い存在のヒョンスも表現できて、どうしたら引きこもりのヒョンスも演じられるのか、ずっと考えて本当に簡単に、ヒョンスは僕の中にある一番内向的な部分を表現しようと思ったし、変異していくヒョンスは僕の中にある一番邪悪な感情を表現しようと頑張りました。

Q. Netflixオリジナルシリーズ「恋するアプリ」、「Sweet Home」と好評を得て“Netflixの息子”というあだ名までついたが…

こういうあだ名をつけていただけるのは、本当にありがたいことですし、これからもさらに良いあだ名をつけていただくために、もっともっと努力しなきゃと思いました。

Q.「恋するアプリ」の監督の推薦で本作に合流したそうだが、オーディションはどんなふうに? 

オーディションに臨むときはありのままのソン・ガンをお見せしようとするタイプです。「Sweet Home」のオーディションで監督が、ウェットティッシュの入れ物を通帳だと思って演技してみろっておっしゃって、やってみたんですが、いい評価をしてくださったようです。原作のウェブトゥーンを楽しく読んだので、キャスティングされたと聞いてうれしかったんですが、プレッシャーも大きかったですね。あのキャラクターたちを全て表現しなければならないし、モンスターと対面した時の感情や表情をどうしたらいいのか、すごく悩みました。プレッシャーが本当に大きかったんですが、監督と何度も話をしながら少しずつ軽くなっていきました。

Q. 「Sweet Home」が配信されてからアメリカのランキングで7位、世界中のNetflixで良い成果だったが…

実感がわきませんね。僕が出演したドラマが、こんなふうに上位に入るなんてうれしいんですが、本当に実感がわきません。

(2ページに続く)

2020.12.24

blank