「個別インタビュー」セヨン(CROSS GENE)&ドンヒョン(BOYFRIEND)&リッキー(TEENTOP)&ミヌ(ZE:A)が共演!青果トークで意外な話も!

 

イケメンインタビュー (20)2月16日(月)から22日(日)まで、東京・池袋のサンシャイン劇場にて上演される話題の韓国ミュージカル「僕らのイケメン青果店~チョンガンネ」 。公演に先駆け、3日(火)都内で記者会見に臨んだセヨン(CROSS GENE)、ドンヒョン(BOYFRIEND)、リッキー(TEENTOP)、ミヌ(ZE:A)が会見直後、4人揃ってインタビューに応じてくれた。

本作は、小さな青果店からスタートし、年商300 億を誇る食品流通会社にまで成長させた、青年実業家の実話をもとにしたイケメン5人の奮闘記。韓国では、小説がベストセラーになり、ミュージカルそして、ドラマ化された人気作品。
日本ではドラマ「僕らのイケメン青果店」が2012年に放送され話題となり、2013年にはD-BOYSにより、ミュージカルとしても上演された。韓国版ミュージカルは2008年に初演。その後再演を重ね、2013年10月、アミューズ・ミュージカルシアターでの初の日本公演が好評を博し、翌年2月に新大久保にてアンコール上演されている。
韓国でも2014年11月21日から2015年1月1日まで再演され、本作はその日本公演となる。
本作がミュージカル初出演で、韓国公演に続いての出演となるセヨンとリッキー。セヨンは祖母の病院費を稼ぐために、ホストクラブで働いていた心優しき青年ジファン役、リッキーは済州島出身、兵役を終えたばかりの「チョンガンネ青果店」の末っ子チョルジン役を演じる。

ドンヒョンとミヌは日本公演のみの出演。日本でのミュージカル出演は「千番目の男」以来2度目となるドンヒョンは、アメリカの名門バークレー経営学部に留学経験ありのお坊ちゃまユンミン役、同じく日本でのミュージカル出演は「Summer Snow」以来2度目となるミヌは、リッキーとダブルキャストでチョルジン役を演じる。
今まさに稽古真っ最中の彼らは会見当日、朝の飛行機で来日し、日帰りで帰国するという超過密スケジュールにもかかわらず、会見が終わった後のインタビューでも、疲れた様子を見せることもなく、和気あいあいとした雰囲気で、今の心境や作品の魅力、青果にまつわるエピソードなどをたっぷり語ってくれた。

 

イケメンインタビュー (1) イケメンインタビュー (6) イケメンインタビュー (9) イケメンインタビュー (14)

-韓国での記者会見に続き、日本でも記者会見を終え、本番に向けて、ますます気分も高まってきたのではないかと思いますが、今の心境はいかがですか?
ドンヒョン:本番まで2週間もないので、とてもドキドキしています。
ミヌ:緊張していますね。うまくやらないといけないので。頑張ります!
セヨン:楽しみです。ファンの皆さん、観客の皆さんに自分の演技をお見せできると思うと、ワクワクします。
リッキー:一生懸命準備をしているので、カッコいいステキな公演をお見せできると思います。保証します!

 

イケメンインタビュー (15)

-「僕らのイケメン青果店」は韓国のみならず、日本でも再演されるほど多くの人に愛されている作品ですが、どんなところがこの作品の魅力だと思いますか?
ドンヒョン:やはり観客の皆さんと一緒に楽しみながら、通じ合えることが一番の魅力だと思います。客席に降りていくこともあるし、状況に応じて、アドリブを入れることもあるし。

 

イケメンインタビュー (7)

-セヨンさんとリッキーさんは韓国公演に出演されましたが、アドリブは入れたりしたんですか?
リッキー:僕が演じるチョルジン役は、劇中でイベントをするシーンがあるんですよ。フリーでアドリブをするんですが、クリスマスのときはクリスマスのイベントをしたし、演技をする中で、観客の皆さんに本物の果物を配るという場面もありました。お客さんがとても喜んでいましたね。

-日本公演でも何かサプライズがあるんでしょうか?
ドンヒョン:たぶん(笑)。ぜひ、期待してください!
-リッキーさんは今回の日本公演でどのようなところをアピールしたいですか?
リッキー:韓国公演とは少しストーリーが変わるので、前回とは違う姿をお見せできると思います。ギャグ要素なども違うので、その辺も注目してほしいです。

 

イケメンインタビュー (10)

-セヨンさんはいかがですか?
ミヌ:セクシーさ?(笑)
セヨン:ハハハ。韓国公演では代行運転手の設定でしたが、日本公演ではホストの設定に変わり、ぜんぜん違うので、魅力ポイントがいっぱいあるんですよ。セクシーさもあるし、いろいろあるので、劇場に見に来て、確かめてください。

-他の3人から見ても、この中ではセヨンさんが一番セクシーですか?
ドンヒョン・ミヌ・リッキー:ハイ!
ドンヒョン:男っぽいし。
ミヌ:イケメンだから。一番セクシーです!

イケメンインタビュー (3)

-ジファン役にぴったりですね。
セヨン:(照れたように)期待に応えれるように頑張ります。

-ドンヒョンさんとミヌさんは、日本でのミュージカル出演が2度目となります。今回は気持ち的に余裕を持って臨めそうですか?
ドンヒョン:余裕ですか? ぜんぜんないです(笑)。緊張しています。久しぶりにファンの皆さんと会うので、本当に緊張しています。日本も久しぶりだから。
ミヌ:僕も稽古時間があまりないので、緊張しています。でも、2回目だから、前回よりも成長した、良い姿をお見せしたいです。

 

イケメンインタビュー (18) イケメンインタビュー (13)

-稽古が始まって1週間ぐらい経ったそうですが、稽古以外でも皆さんでセリフ合わせをしたり、役について話し合ったりしているんですか?
ドンヒョン:会うたびに、空き時間も一緒に練習をするようにしています。そうでしょ?
ミヌ:ハイ。あと、僕とリッキーさんは同じ役なので、メールでやり取りをしています。動線とか振付とか、リッキー先輩がいろいろと教えてくれました。「僕らのイケメン青果店」の先輩ですから(笑)。
リッキー:(慌てたように)前回出演したので、上手くはないですけど、僕が知っている範囲で教えただけです。

-ミュージカルの中でお気に入りのシーンを挙げるとすると?
ミヌ:母親と電話で話すシーンです。
ドンヒョン:オープニングで、全員一緒にメインテーマ曲「イケメン青果店」を歌って踊るシーン。5人のエネルギーを爆発させる場面なんですが、とても大好きです。
リッキー:メンバーと一緒に叫ぶシーンがあるんですけど、そこが強く印象に残っています。
セヨン:僕は10年後の姿です。ぜひ注目してご覧いただきたいです。

 

イケメンインタビュー (4) イケメンインタビュー (8)

-稽古中のエピソードで、印象的だった出来事などがあれば教えてください。
セヨン:みんなで台本の読み合わせをしたとき、演出家の先生が本当に上手く教えてくださるんですが、自分だけの世界観を持っていて、そこにいた全員が先生の教えにハマってしまったんですね。そういう僕たちの姿が本当に面白かったです。
ミヌ:あと、みんなそれぞれ忙しいので、全員揃わないこともあるんですが、例えばドンヒョンさんが来られないときは、ドンヒョンさんの役を僕たちの誰かが代わりにやるんですよ。いない人の役を自分たちで、順番に回しながら演じているので、自分が出るシーンだけではなく、全体の状況を把握するのにすごく役立っています。

-皆さんそれぞれグループでのポジションと、「僕らのイケメン青果店」チームでのポジションが違うと思いますが、このチームではどんなポジションですか?
ドンヒョン:ムードメーカー(笑)。
ミヌ:いつも一生懸命頑張る末っ子。
リッキー:みんなから愛される、かわい子ちゃん。
セヨン:何でも勉強したがるキャラクター。

 

イケメンインタビュー (11)

-舞台というのは体が資本だと思いますが、ミュージカルに向けて、どのように体調管理をされていますか?
ドンヒョン:僕は胃が弱いので、キャベツのドリンク(韓薬)を飲んでいます。胃にはこれが一番なんです。ブロッコリーのドリンクもすごくいいんですよ。
ミヌ:僕は何かを食べるとかではなく、睡眠不足なので、移動のときとか、少しでも時間があれば、とにかく寝ています。寝ないと、次の日とてもしんどいので。
リッキー:稽古が朝から晩まであるので、やはり睡眠が大事ですよね。僕も同じで、時間があれば寝るようにしています。
ミヌ:2人ともチョルジン役なので、やはり同じことですね(笑)。
セヨン:僕はたくさん食べます。先週はチキンを10羽食べました(笑)。
ドンヒョン:本当!? 信じられない!
セヨン:普段も2羽ぐらい食べるんですけど。
リッキー:僕は1羽も食べられない(笑)。
ミヌ:僕も。いっぱい食べる人、うらやましいですね~。

 

イケメンインタビュー (2)

-セヨンさん、もともとそんなにたくさん食べる方でしたっけ?
セヨン:そうですね。CROSS GENEはみんな大きいので、よく食べるんですよ。メンバー6人で焼肉を食べに行くと、大変です・・・食べる量がハンパじゃないですね(笑)。

-「僕らのイケメン青果店」は青果店が舞台の物語ですが、青果店や野菜・果物にまつわるエピソードがあれば教えてください。
ミヌ:小さいころ、食べたい果物があったんですけど、名前を思い出せなくて、おばあちゃんが家に遊びにくるとき、一生懸命電話で説明したのを覚えています。「外は黄色、中は白で、種がいっぱいある果物なんだけど」って。それはチャメ(マクワウリ)でした。あと、おじいちゃん、おばあちゃんがイチゴ農園をやっていたんですけど、学校が休みになると手伝いに行って、箱を作ったり、イチゴを積んだり、スイカを積んだりした思い出があります。
ドンヒョン:わぁ~、いい思い出ですね。僕は今住んでいる寮の近くに、イケメン青果店があるんですよ。
ミヌ:本当!? ま、このミュージカルは実話をもとにしていますからね。
ドンヒョン:たまたま道を通り過ぎたときに発見したんですけど、すごく不思議でした。すごく気になるので、近いうちにそこに立ち寄って、キャベツを買って食べてみたいと思います。
リッキー:僕が住んでいる寮の近くにも、イケメン青果店があるんですよ。何度か前を通ったことがあります。

 

イケメンインタビュー (16)

-やはり、この作品に皆さんがキャスティングされたのは、ただの偶然ではないようですね。
ドンヒョン:運命です(笑)。
セヨン:僕も、ご飯より果物の方が好きなぐらい、本当によく果物を食べているので、この作品は自分にぴったりだなと思っています。

 

イケメンインタビュー (5)

-今後ミュージカルに出演するなら、どんな役を演じてみたいですか?
ドンヒョン:人間ではない役がいいですね。「ライオンキング」みたいな作品で、ライオンとかサルのように走り回ったり。人間を超越したような…、ドラキュラとかね。
ミヌ:「デスノート」のリュークとかは?
ドンヒョン:「デスノート」だったら、Lがいいです。
ミヌ:あ~、雰囲気がLっぽい(笑)。
セヨン:僕は恋愛もので、愛して、愛されるという役をやってみたいです。
リッキー:僕は感情的な深みのある役をやりたいです。悲しい内容のものがいいですね。
ミヌ:まだ作品を選べる段階ではないので、台本を読んでグッとくるものがあれば、何でもやってみたいと思います。制作の方々、事務所までご連絡お願いします。頑張ります!

 

イケメンインタビュー (19)

フレッシュな顔ぶれが勢ぞろいし、一段とパワーアップした夢と希望の青春ミュージカル「僕らのイケメン青果店~チョンガンネ」。本番まで秒読み段階となり、ひたすら稽古に励んでいるという彼らは、最後に「ぜひ見に来てください!」と力強く語り、自信を覗かせた。その成果は、ぜひ劇場で確かめよう!

 

【公演情報】
「僕らのイケメン青果店~チョンガンネ」
日程:2015年2月16日(月)~2月22日(日)全12回公演
会場:サンシャイン劇場(豊島区東池袋3−1−4サンシャインシティ文化会館4階)
料金:全席指定10,800円(税込み)

詳しくは公式HPへ:http://www.ikemenseikaten.jp

★プレゼント企画★
各公演、ご来場のお客様から、抽選で各賞20名さま 計60名様にプレゼントをご用意しました。
【ミュージカル賞】20名様 舞台使用と同じデザインのオリジナルエプロン
【チョンガンネ賞】20名様 ご希望キャストの生写真1枚(非売品)
【イケメン賞】  20名様 ご来場公演の出演者の中から、ご希望のキャスト1名とお客様との2ショットポラロイド撮影(1枚)
開場時にロビーに設置する応募用紙に必要事項を記入し、お申込みください。
公演終了後、当選者の発表とプレゼントをお渡しします!

2015.02.09

blank