「TWICE」からチョン・ヒョンドンまで、メンタルに不調を訴え活動休止するスターたち


華やかな照明が自分を包んでも揺り動くメンタルを克服することは難しいようだ。

ステージの上とカメラの外の“オンオフ人生”がより克明に分かれ経験する痛みかもしれない。そのためメンタル的な困難を訴え、残念ながら活動中断を宣言した芸能人たちが多く存在する。

#チョン・ヒョンドン

お笑いタレントのチョン・ヒョンドンはMBCの看板バラエティ「無限に挑戦」で主軸メンバーとして活躍していたが、2015年11月に不安障害症状により活動を全面的に中断した。「無限に挑戦」はもちろん、JTBC「冷蔵庫をよろしく(冷蔵庫をお願い)」、MBC every1「週間K-POPアイドル」、音楽ユニット「Hyungdon and Daejun」にいたるまで、彼の存在感は際立っていたが、残念ながら健康上の理由でしばらくファンたちの元を去った。

1年間、健康的な生活の立て直し時間や休息の末にチョン・ヒョンドンは2016年10月に放送界に復帰した。それから4年間また懸命に仕事に専念していたが、最近再び不安障害が深刻化し、チョン・ヒョンドン側は今月5日、「ずっと前から患っていた不安障害が最近再び深刻化したことを覚えた」とし、しばらく安定した時間を設け、治療に専念すると明らかにした。

#「赤頬思春期(BOL4)」アン・ジヨン

グループのメンバーだったウ・ジユンの脱退により虚無感に苛まれたのだろうか? 「赤頬思春期」のアン・ジヨンが健康悪化と不安症状を理由に活動を中断した。所属事務所によると、アン・ジヨンは今年上半期から度重なる健康悪化と心理的な不安症状により、専門医療機関を訪れ、心理治療と薬物処方を通じて地道に治療を受けてきた。

関係者は今月11日、「最近さらに深刻化した不安症状により、当分の間活動を正常に消化するのは難しいと判断した。事実上、シングルアルバム『Filmlet』の活動が困難になった状況」だとし、アン・ジヨンの活動を暫定中断する知らせを伝えた。このようなニュースにファンたちはとても心惜しい一方、アン・ジヨンの早い回復を祈っている。

(2ページに続く)

・「TWICE」ツウィ、やはりセンタービジュアル…より磨きのかかった美貌

・<トレンドブログ>「TWICE」ダヒョン、白い肌に桃メイクで清純な魅力発散

・「TWICE」ジヒョ、破局後に初の明るい近況を公開…「会いたかったです」

・【大注目】BTS×SEVENTEEN×TWICE×NCT×IZ*ONEらが出演!【auスマートパスプレミアム】マルチアングル映像で「2020MAMA」12/6・18時日本独占生配信決定!

2020.11.12

blank