“元恋人と5年泥沼裁判”キム・ヒョンジュン、民事・刑事訴訟ともに勝訴


韓国歌手兼俳優キム・ヒョンジュン(リダ)が暴行・流産疑惑をめぐり、元恋人と5年間繰り広げた民事訴訟で最終的に勝訴した。

最高裁は12日、チェ某氏がキム・ヒョンジュンを相手取り提起した損害賠償請求訴訟で、チェ氏に対しキム・ヒョンジュンに1億ウォン(約940万円)を支払うよう判決を下した原審を確定した。

チェ氏は2015年4月、「キム・ヒョンジュンの暴行で流産し、妊娠中絶を強要された」という理由で16億ウォン(約1億5000万円)の賠償を求めて、キム・ヒョンジュンを相手に訴訟を提起。これにキム・ヒョンジュンも同年7月、「チェ氏が虚偽の事実を暴露し、合意事項を破った」として、同額を請求する訴訟を提起した。

一審は「チェ氏がキム・ヒョンジュンから暴行され流産し、キム・ヒョンジュンが人工妊娠中絶手術を強要したという証拠がない」と判断した。

一方、キム・ヒョンジュンがチェ氏を相手に起こした訴訟部分については「芸能人として活動するのが困難なほどイメージに打撃を与え、名誉を毀損した」として、チェ氏がキム・ヒョンジュンに1億ウォンの慰謝料を支払うよう判決を下した。

チェ氏とキム・ヒョンジュンともに一審の判決を不服として控訴。しかし控訴審は一審と同様の趣旨と判断した。

最高裁も原審の判決が正しいと判断。裁判所は「チェ氏が摘示した事実は虚偽だと認められる。チェ氏がキム・ヒョンジュンの暴行によって流産した事実はない」と述べた。(2ページに続く)

 

“元恋人と泥沼裁判”キム・ヒョンジュン(リダ)、きょう(12日)名誉毀損・16億損害賠償 最高裁判決

・キム・ヒョンジュン(リダ)、愛犬と一緒におそろいのサングラスでニッコリ…よく似たふたり(?)

・キム・ヒョンジュン(リダ)、キムチづくりに挑戦…ものすごい量の白菜

・【トピック】キム・ヒョンジュン(リダ)、雄大な自然の美しさにも負けない“男神”降臨の動画が話題

2020.11.12

blank