「SUPER JUNIOR」イトゥク、「15年が経ってもみんなカッコいい」とメンバーへの無限の愛がダダ漏れ


男性グループ「SUPER JUNIOR」のイトゥクがメンバーたちの変わらぬビジュアルを称賛した。

「SUPER JUNIOR」は7日午後、NAVERの動画サービスV LIVEを通じて、デビュー15周年を記念したオンラインファンミーティング「SUPER JUNIOR 15th Anniversary Special Event–招待(Invitation)」を行った。

同日、「SUPER JUNIOR」はコンサートや音楽番組活動が盛り込まれた映像を見ながら、デビュー15周年を回想した。「SUPER JUNIOR」のリーダー、イトゥクは「僕が『SUPER JUNIOR』のメンバーだからではなく、本当にかっこいい。15周年が過ぎたが、メンバーたちがずっとかっこよくないか? 」と、メンバーたちに無限の愛情を示した。

そして「SUPER JUNIOR」は「走ってきた15周年を一緒に歩こうか」と、デビュー15周年のケーキで記念した。「SUPER JUNIOR」のメンバーたちは「僕の青春にスジュ(SUPER JUNIOR)がいた」などが書かれたメッセージを見ながら感激した。それだけでなく「SUPER JUNIOR」は所属事務所のLabel SJのスタッフたちからもらった手紙を読む時間を設けた。

まずイトゥクは「褒めてあげたいメンバーと、叱ってがんばれと言ってあげたいメンバーを数えてほしい」という質問にリョウクを指した。イトゥクは「リョウクがヒョン(年上男性を指す)たちの顔色をうかがいすぎて委縮している。緊張して震えている感じだ。実際にすごく面白い子」だと応援した。しかしイェソンは「ユニット活動をする時、リョウクが機嫌をとてもうかがっていた。まったく委縮してはいない」と、イトゥクの言葉に疑問を表した。するとイトゥクは「イェソンさん、(撮影現場の)ブルールームの外に出てください」とふざけた。

「SUPER JUNIOR」のメンバーたちは各分野に合った“最高な人”を指名した。ヒチョルはイトゥクに対して「トークが最高」、ドンヘは「面白くない人として最高」、シンドンは「体重が最高」だと述べた。シンドンは「だいぶ減ってからまた増えてきている」と冗談を飛ばした。またキュヒョンについては「お酒を飲むのが最高」、シウォンは「馬みたいに最高」、リョウクは「歌が最高」、イェソンは「髪の色が最高」、ウニョクは「ダンスが最高」だと伝えた。

一方、今月6日にデビュー15周年を迎えた「SUPER JUNIOR」は各種オンライン音源サイトを通じて、新曲「The Melody」をリリースした。「The Melody」は12月にリリース予定の10thアルバムの先行公開曲で、イトゥクとイェソンが直々に作詞に参加し、15年間ともに歩んでくれたお互いに対する感謝を表現した。

WOW!Korea提供

  • SUPER JUNIORキム・ヒチョル、“幼い頃に会ってもう40歳前”…15周年ファンミーティング登場
  • 【公式】ヒチョル(SJ)、新型コロナ陰性判定「本日(7日)のSUPER JUNIORオンラインファンミーティング参加」
  • キュヒョン(SUPER JUNIOR)、本日(11/7)故キム・ヒョンシクさん30周忌リメイクアルバム第一弾楽曲をリリース
  • 「SUPER JUNIOR」、新曲発表…15年間愛された理由“一緒だったから守れたよ”
  • 2020.11.07

    blank