SUPER JUNIORキム・ヒチョル、“幼い頃に会ってもう40歳前”…15周年ファンミーティング登場

SUPER JUNIORキム・ヒチョルが、新型コロナウィルス感染症で陰性を判定されて元気な姿でファンの前に登場した。
SUPER JUNIORは7日午後、NAVER V LIVEを通じてデビュー15周年記念オンラインファンミーティング「SUPER JUNIOR 15th Anniversary Special Event - 招待(Invitation)」を開催した。

この日イトゥクは、「SUPER JUNIORという名前でちょうど15年と1日が過ぎた」とメンバーに感想を聞いた。一番最初にヒチョルは、「もう15年にもなった。みんな苦労しました」として、「幼い頃に会って、今40歳を前にする私だ。本当に長く一緒にした」と感激した。
イェソンも「みんなこんな日が来ると思いましたか?」と喜び、シンドンは「とても信じられない」、イトゥクは「15周年という時間が私にとっては15分のように速く過ぎた」と伝えた。

6日午後、 NAVER V LIVEのSMTOWNチャンネルを通じて行われた「SUPER JUNIORの『招待』:あらかじめ『私たち(ELF)に』見せてあげる」の生放送でリーダーのイトゥクは、「現在、新型コロナ感染者と動線が重なって検査を受け、現在支持に従って自主隔離中だ。残念ながらキム・ヒチョルは、私たちの心で一緒にしている」としてヒチョルの不参加の理由を伝えた。
その後今日(7日)午前、SUPER JUNIORの所属事務所Label SJは、「キム・ヒチョルが新型コロナの検査の結果、陰性の判定を受けた。今日行われるオンラインファンミーティングも予定通り参加する」と述べた。

  • 【公式】ヒチョル(SJ)、新型コロナ陰性判定「本日(7日)のSUPER JUNIORオンラインファンミーティング参加」
  • キュヒョン(SUPER JUNIOR)、本日(11/7)故キム・ヒョンシクさん30周忌リメイクアルバム第一弾楽曲をリリース
  • 「SUPER JUNIOR」、新曲発表…15年間愛された理由“一緒だったから守れたよ”
  • ヒチョル(SUPER JUNIOR)、新型コロナ感染者と動線重なりデビュー15周年記念の生放送を欠席…現在、自宅隔離中
  • 2020.11.07

    blank