《韓国ドラマNOW》「九尾狐伝」10話、イ・テリ「イ・ドンウクの横も、チョ・ボアの横も私のものだ」と威嚇


イ・テリがイ・ドンウクを威嚇した。

5日の夜に放送されたtvN水木ドラマ「九尾狐伝」では、イ・ヨン(イ・ドンウク)とナム・ジア(チョ・ボア)が森の中で話を交わす姿が描かれた。

自分が治めた森の中にナム・ジアを連れて来たイ・ヨンは、銀杏をプレゼントした。ナム・ジアは、「元カノにもらったプレゼントを私に渡すのか」と尋ねると、イ・ヨンは「別れの贈り物だった」と説明した。

イ・ヨンは過去を思い出し、ア・ウム(チョ・ボア)が、自分を守ってくれるという言葉に心にもない言葉を吐き出した。イ・ヨンはそれを思い出さして「無限の人生を生きる私が限りある人生を生きる人間に会うのが恐ろしかった」と打ち明けた。

その中で大蛇(イ・テリ)は、薄暗さを通じて何かを分かったと笑った。大蛇は、「その女性の隣も私の席だ。彼女を花嫁として迎えよう」と言って緊張感を高めた。

WOW!Korea提供

  • ≪韓国ドラマNOW≫「九尾狐伝」9話、イ・ドンウクがチョ・ボアとキム・ボムを救出
  • 《韓国ドラマNOW》「九尾狐伝」8話、イ・ドンウク、嗚咽するチョ・ボアに「それはあなたの感情ではない」と冷静
  • ≪韓国ドラマNOW≫「九尾狐伝」7話、チョ・ボアが前世での出来事を知ってショックを受ける
  • 《韓国ドラマNOW》「九尾狐伝」6話、チョ・ボア、キスしたイ・ドンウクに「私はあなたの過去の影武者ではない」
  • 2020.11.06

    blank