【ドラマがいいね!】チャン・グンソクなら『テバク』を見なければならない(前編)

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

チャン・グンソクは時代劇にもたくさん出ているが、非常に印象深いのが『テバク~運命の瞬間(とき)~』である。彼について語るなら、やっぱり、このドラマは絶対にはずせない。

決意のコメント
チャン・グンソクはマルチな才能を持っている。ドラマでも数多くの作品に出演しており、さらに、エンターティナーとしてもライブ活動で評価を高めてきた。
そんなチャン・グンソクが『テバク』の主演が決まったとき、とても意味が深いことを語っていた。
それは、「臥薪嘗胆」という言葉に象徴されていた。
彼はこう語ったのだ。
「2年間大学院に通いながら臥薪嘗胆の姿勢で自分を振り返ってきました」
たきぎの上に寝たり苦い肝をなめたりという故事から生まれた「臥薪嘗胆」という言葉。「大きな目標を達成するために苦労を重ねること」を意味しているが、この言葉を持ち出すほど、チャン・グンソクには期するものがあった。
彼は『テバク』で、王子でありながら捨てられてしまったテギルを演じた。見どころは、弟に当たる英祖(ヨンジョ)と国を賭けた大勝負を行なうところ。スケールが大きいストーリーなのである。

チャン・グンソクの意気込みが凄まじいことは、2016年3月24日にソウルで行なわれた『テバク』の制作発表会でも察することができた。
彼はまったく笑みを見せず、抑揚をおさえた低音で冷静にこう語った。
「この作品をのがしたくない、ぜひやってみたいと考えました。『美男(イケメン)』のようなものを追求する俳優にかぎっていたのではないか、という疑念がいつもありました。(数え)30歳になります。今までのものを捨てて、新しいものを身につけられる作品になるのではないか、と思います」
内に秘めた決意が感じられるコメントだった。
こうして、韓国では2016年3月28日からSBSで『テバク』の放送がついに始まった。
(中編に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)
提供:ロコレhttp://syukakusha.com/

 

『テバク』では名優たちの演技に魅せられる!

『テバク』はチャン・グンソクにどんな成果をもたらした?

歴史がわかれば『テバク』がもっと面白くなる

チャン・グンソクが1億ウォンを寄付した漢陽大学とはどんな大学?

多才なチャン・グンソクは俳優から監督をめざすのか

2020.11.05

blank