「SEVENTEEN」、ユニットフォトにMVトークまでスペシャルGV大盛況


「SEVENTEEN」がスペシャルアルバム「‘; [Semicolon]」の活動を記念、一味違うファンイベントを開催した。

「SEVENTEEN」は10月31日、オンラインで行われたシグネチャーファンイベント「SEVENTEEN SPECIAL GV ‘Feast of Youth’」を大盛況に終え、CARAT(「SEVENTEEN」のファンクラブ)とスペシャルアルバム「’; [Semicolon]」の活動を振り返り、意味深い時間を過ごした。

5回目のスペシャルGVである「青春の饗宴」という意味の「Feast of Youth」は、スペシャルアルバム 「; [Semicolon]」で伝えた「ちょっと休みながら、青春を楽しもう」というメッセージを再び共有しながら、新たなスタートを夢見て準備するお互いを応援し、慰労するために準備したことが分かり、意味が格別だ。

本格的なコーナーに先立ち、ブラックスーツ姿のメンバーたちがレッドカーペットを輝かせた。フォトタイムで今回のアルバムのミックスユニットごとに登場したメンバーたちは、各ユニット曲「AH!  LOVE」、「Light a Flame」、「HEY BUDDY」、「DoReMi」をBGMに、個性あふれるポーズと卓越したビジュアルで見る人を感嘆させた。

この日行われたスペシャルGVはメンバーのウォヌとミンギュが息ぴったりに進行し、雰囲気を盛り上げた。さらに、今回のGVはオンラインで行われただけに、メンバーたちは「一日も早くCARATの皆さんが目の前にいる場所でやりたい」とし、「次回はCARATとドレスコードを合わせて楽しみたい」と伝えた。

特に、スペシャルGVの代表コーナーであるミュージックビデオコメンタリーを通じて、「SEVENTEEN」はタイトル曲「HOME; RUN」のミュージックビデオ撮影当時のビハインドを公開。複数のパフォーマンスシーンや演技をしたシーンなど、ファンの知りたい事を解消し、GVの熱気を高めた。

続く「Forever DIAMOND」のコーナーでは、メンバーが直接選んだCARATの大合唱と応援ステージを鑑賞。「応援の声を聞くと、本当に心臓がドキドキ、キュンとなる」と愛情いっぱいの感想を伝えた。

ファンとリアルタイムでコミュニケーションし、忘れられない一日を届けた「SEVENTEEN」は「CARATへの感謝の気持ちがより一層、大きくなった。応援の声を久しぶりに聞いたので、とても気分が良い」とし、「(CARATが)とても恋しい。僕たちとずっと良い思い出をたくさん作れたら嬉しい」とし、7日に誕生日を控えたディエイトの誕生日パーティーを行い、ファンと一緒に喜びを味わった。

また、スペシャルアルバムのタイトル曲「HOME; RUN」のステージでは、ファンの応援法が流れ、これに応えようと、メンバーたちはさらに明るい表情で熱唱した。さらに、ミニ7thアルバム「Heng:garae」の収録曲「Together」で、共に歩む意味を刻み付けながら、「SEVENTEEN」とCARATの大切な思い出の1ページを満たした。

「SEVENTEEN」は「; [Semicolon]」で初動売上93万枚を突破し、ガオンチャート3冠、日本のオリコン週間海外アルバムランキング1位など、国内外の各種アルバムと音源チャート1位はもちろん、音楽番組3冠達成など勢いを継続しており、その限界のない成長に高い関心が集まっている。

WOW!Korea提供

  • <トレンドブログ>“ファンたちに感謝”「SEVENTEEN」、「ミュージックバンク」で1位!!…続く“ホームラン”
  • SEVENTEEN vs BTS「ミュージックバンク」10月第5週目の1位候補に…”こんなことも起こるBig Hitアーティスト対決”
  • 「SEVENTEEN」、音楽番組「M COUNTDOWN」で1位…「TWICE」、「TXT」、「CIX」もカムバックパーティー
  • 「SEVENTEEN」Hoshi、母校に奨学金を寄付…「家計が苦しい後輩のために」
  • 2020.11.01

    blank